« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

Thursday, April 28, 2005

クレマチス開花 2

clematis_kimigatame050428 clematis_milkeyway050428

本日のクレマチス。左を「君がため」、右を「ミルキーウェイ」と名付けました。
けいが泣き出したようなので今日はここまで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, April 22, 2005

クレマチス開花

昨日開花したクレマチス2種。いずれも実生の交雑種で名前は私が勝手につけました。

clematis_blueberrymilk050422

ブルーベリーミルク。
花弁の縁が白くて中心にいくほど紫がかったきれいな花。去年はじめて咲きました。



clematis_chinapink050422
チャイナピンク。おととしから咲いているもので、チャイナパープルと名付けましたが、それよりもっとピンクが強いようなので改名。でも前の画像を見るとやっぱりパープル・・・?名札をつけ間違えているのかも?



毎年春先に剪定を行っていたのですが、まるで咲かない鉢もあるので、今年はまったく剪定しないで様子を見てみたところ、ほとんどの鉢に花芽がつきました。ちゃんと名札と性質をメモしておいて来年からの管理に役立てなければと思っています。
今年初開花予定組はどんな花をつけるのか、早く見たいとわくわくしています。続編も乞うご期待♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, April 21, 2005

庭のほうは

芍薬を買ったところまで書いていたのだったか。

その翌日から週末にかけてガレージ裏の植栽スペースをきれいにする。カラーとグロリオサの球根が埋まっているのをなるべく割らないよう少しずつ気をつけて掘り出す(でもやっぱりかなり割れたけど)。グロリオサは場所を取らないしどうしようもなく気に入っているのでまた同じ場所に戻し、カラーのほうはぶぅさんと実家の母に送る。なるべく大きくて割れていないのを選んで箱に詰めた。残りをどうしようと思ったが、小さくても割れていてもいずれ育てば咲くだろうし、葉もそれなりにきれいなので処分せず取っておくことにする。ベテランさんの集まるオフが近々あるので無理矢理押し付けることに決定。球根を種から育てる物好きならきっと嫌がらずもらってくれるに違いない。その筋からいただいて、一度も花を見たことのない何年ものの球根がうちにもごろごろしているし。

球根の真ん中にそびえ立っていたチェリーセージも抜くことにした。さやのピアノの先生に聞いてみたら「いただきます」と言ってくださったので、大株をそのまま抜いてレッスンのときに持っていく。うまく根付きますように。レオノチスもどうしようかと思ったが、そろそろ飽きてきたので抜いてしまった。見たくなったら猫茶さんちにあるし、うちのはもういいのだ。パイナップルミントと雑草化したスミレ、鉄砲ユリだけはじっこに残しておいた。

ここにいよいよ芍薬を植える。白実のワイルドストロベリーを花壇の縁に植え、ヘメロカリスの球根を埋め、そのすぐ後ろに赤白ピンクの芍薬。夏になったらうっそうと茂る芍薬と涼しげなヘメロカリスの競演が見られるはずだけど思惑通りにいくだろうか。その後ろにさらにバラを植えたいと思ったが、とりあえず芍薬がどう育つのかわからないので、今年は保留にしておいた。冬の植えどきまでにいい品種を選ぼう。芍薬に似た花形でディープピンクの香りのいいオールドローズがいいな。シャルルドミルなんかどうだろう。オベリスクを立てて。

その翌週は父が来てくれ、菜園の雑草抜きと整地を手伝ってくれた。菜園の日当たり側はわりとしょっちゅう手入れをしているが、反対側はチョロギやアピオスなど宿根ものが放置されている。シャベルを入れるとアピオスがざくざく出てきたが、収穫期ではないのでそのまま土に戻しておいた。今年こそ収穫しなければ。チョロギも。いつも家の中でぬくぬくしているうちに適期を逃してしまうのだ。いかん。

それからずっと抜きたいと思っていたのに私の力では太刀打ちできなかったアジサイをついに抜いてもらった。珍しくだんなが植えたものなので、だんなに何度頼んでも抜いてもらえなかったのを、父にお願いしてようやく抜いてもらうことができた。丈夫で毎年よく咲いてくれるのだけど、とにかく暴れるので狭い通路ではもう限界。お隣さんも何も言わないがきっと迷惑していただろう。ずうっと前にBAYさんからいただいたギボウシとクサボタン、やっと地植えにできそうだ。

その後も毎日晴れていたので庭の雑草をたくさん抜くことができた。最初はマルチ用に取っておいていたのだが、とてもそんな量ではないので結局すべて裏の空き地に投げこんでいる(裏から来たんだからいいの)。

そして開花ラッシュが始まっている。さやの黄色いチューリップ、3年くらい咲かずに心配した胡蝶蘭、スパラキシス、フリージア、ボリジ、ドイツのスミレ、クレマチス、カモミール、チオノドクサ、しょぼしょぼの実生ビオラも花をつけ、アスパラの収穫も始まった。ブルーベリーも3株しっかり開花しているし、バラにもたくさん蕾がついている(虫も)。カサブランカの芽もあがってきたし、ぶぅさんからダリアも届いた。
次は画像をお見せできるようがんばって時間を作らなくては。春は気ぜわしく幸せだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 20, 2005

顔面神経麻痺と断乳の経過

2週間ぶり。いろんな人にご心配かけています。経過報告です。

顔面神経麻痺は発症から1週間くらいがピークだったようで、それから毎日少しずつ筋肉が動くようになってきました。神経内科の先生には「4~5ヶ月かけるつもりで長い目で見て」と言われましたが、リハビリの先生は「1ヶ月くらいで放っておいても治ると思うよ」と。いずれにしても顔のことなので少しでもきれいに治るよう今週からリハビリに行くことになりました。顔の体操とマッサージを1日3回。「いーっ」や「あーっ」や「ぷーっ」はそれまでもやっていたけれど、鼻の下をのばしたり鼻の穴を膨らませたり口をへの字にしたりは初めてで、「うわー、こんなことまでできないんだー」と新鮮な驚き(?)。ついでに元の顔より美しくなるようがんばらなくては。さやと一緒にやっていたら、けいが真似していろいろするのがおかしいです。

薬は抗ウイルス剤を最初の一週間で飲み終え、今はステロイドを1日10mg、ビタミン剤は継続して何ヶ月か飲み続けるようです。
迷っていた断乳は結局あれから強引に決行。昼間や寝る前はさやが寝かせてくれるものの夜中に起きて1時間も泣き続けるのを何日か繰り返しましたが、ある晩ちゃんと起こしてお茶を飲ませてみたらその後すっと寝てくれたので、その方法でさらに数日寝てもらい、先週末あたりから起きずに朝まで寝てくれるようになりました。
しばらく私にべったりだったのも多少落ち着いてきたようだし、やれやれといえばそうなのだけど、やっぱり寂しい。まだ絞ると出てくるし。これならやめずに一時中断でもよかったかなと思わなくもないけれど、でもあのつらい夜をまた繰り返すのは二度と嫌なのできっぱり断乳です。「今だけでもやめれば」って言うのは簡単だけど、それをやるのは本当に大変。心の傷にならないよう昼間はなるべく甘えさせてやっています。

だんなとはきちんと話ができました(たぶん)。彼もこういうことがないとなかなか周りに目を向ける余裕がないようなので、あまりに大きなダメージではあるけれど、いい機会になったといえばそうなのかも。今までより気遣ってくれるようになりました(まあ、一応病人だし)。ストレスの出方にはいろいろあるけど、帯状疱疹や内臓みたいなわかりにくいものでなく、ぱっと見わかりやすい顔面神経麻痺として出たのは理にかなっていたのかもしれません。

とりあえず今日までのところはこんな感じ。
もうマスクも外して庭にも出ていますが、花の話はまた改めて。
BBSやメールにもぼちぼちお返事返していきたいと思いますが、まばたきがちゃんとできなくて普段より目が疲れるのでPCからはちょっと離れています。申し訳ありませんがもう少しお待ちください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, April 07, 2005

芍薬を買った♪

昨日、銀行に行ったついでにHCに寄ったら芍薬がいっぱい出ていたので、ついつられて買ってしまった。
芍薬は知り合いが植えたいと言っていたものなのだけど、話を聞いたりネットで調べたりしているうちに私も欲しくなって探していたのだった。HCなので「これ!」と思っていた品種はなかったものの、ラベルの写真によさげなものがいくつかあり、「鉢の場合は7号で」の言葉に「私って騙されてる」と思いながら3ポット選んでみた。今カラーが限界にきている駐車場裏スペースを掘り返して芍薬スペースにリニューアルしようと思っているけどおさまるだろうか。

その隣に500円を切る値段でバラの新苗が並んでいたので、ラ・フランスとマザーズデイ(本当はファザーズデイ(オレンジマザーズデイ)が欲しかったのだけど、なかった)も連れ帰ることにする。こないだ実家でハッピーチャイルド買ったばかりなのに、またバラだよ。5月になったら京成からミミ・エデンも来るというのに。だけどさ、衝動買いとはいえ、一応頭の中の購入リストにはあった品種ばかりなのでいいとしよう。

そのほかにもコンテナダリアや色違いのサンダーソニア(寄せ植えするんだもん♪)、ヘメノカリスなど球根を気持ちよくかごに入れて合計5000円ちょっとのお買い物。顔よりこの病気をなんとかしないとまずいかも。

顔といえば、断乳するかしないかということでいろいろアドバイスをいただいたり、自分でもネットで調べたりしていたのだが、どうやら薬の移行だけでなく、ヘルペスウイルスの移行の可能性もあるようで、今朝ついに断乳の決心をつけた。子供に水痘をうつす心配があるのだという。
今日の昼寝は雨戸を閉めて真っ暗にして添い寝だけで寝てもらった。ちょっと泣いたけどあっさり寝てくれたので助かった。夜もその手でいけるだろう。夜中起きたらどうするか考えなければならないが。がんばろう。

そうそう、花粉はだいぶ楽になった。顔が変なので相変わらず眼鏡とマスクは外せないけど庭仕事ができるようになったので嬉しい。昨日今日とポットバラを鉢に植え替えた。雑草がすごいし、庭の模様替えも考えているし、芍薬ガーデン計画もあるので、これからもう少し外に出られるといいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, April 04, 2005

顔面神経麻痺

先週末(もう先々週?)から昨日まで実家にいました。ニューPC抱えて行ったので、わざわざ告知しなくてもあっちでできるからいいやと思っていたのですが、実家は無線LANではなく、しかもケーブルを抜くのに重たいデスクトップの本体&他にもプリンターやらいろいろ積んでるラックを動かすのがなんだか大変な気がして、結局親にニューマシンの紹介をするのに1度起動しただけでずうっとピアノの上で眠らせていました。カキコやメールくださった方、レスほったらかしてしまってごめんなさいでした。今回は家族でまったり、さやは近所の子と毎日かけまわって遊んで、とてもいい息抜きになりました。土曜日には懐かしの万博公園(実家に住んでた頃は本当によく行った)で楽しくお散歩もしてきましたよ。

が。

昨日の夕方からなんか顔の調子が悪く、「これは顔面神経麻痺というやつでは」と今日最寄の総合病院に行ってみたところ、やっぱり顔面神経麻痺だった。脳性ではなく、たぶんウイルス性のベル麻痺というやつで、口からだらだらよだれが流れるほどの重症ではないので、薬物治療で1~2ヶ月で治るんじゃないかなあと勝手に思っている。
ただ、薬物というのがステロイド(プレドニン)と抗ウィルス剤(バルトレックス)、あとはビタミン剤のアリナミンFとメチコバールで、最初の2剤が母乳に出るので担当医師から断乳を勧められてしまった。
最初は「もう1歳半だし、いっか」と思ったが、家に帰ってネットで調べてみると出るという説と出ないという説があり、多少出る場合でも服用時間と授乳時間をうまくやりくりすれば影響を最小限にとどめることもできそうだ。実際昼寝と就寝前にしか飲ませていないし、影響といってもたいしたことないだろう。とりあえずは今日の食後の薬はけいが寝てから・・・と飲まずにいたら、私がドライヤーかけたりしている間にさやが寝かせてくれていた。ありがとうさや。「おっぱい飲ませなくても寝てくれたよ!」と誇らしげに言っていたので、私が「おっぱいやめなきゃだめかなあ」とか言うのを聞いて心配していたのだろう。

で、顔面神経麻痺を起こすウイルスというのはどこにでもあるヘルペスウイルスで、これが疲労やストレスで顔面の末梢神経に来たらしい。雅子さまが苦しんでおられた湿疹もこれ。顔が半分動かなくなるほどのストレスって。
だんなにも電話とメールしたけど他人事としか思ってないんだろう。「助けが必要だったら帰るから連絡して」って、1日寝てれば治るってもんじゃないのに。それよか私にこれ以上ストレスを与えない努力をしてくれないだろうか。本当に。次はどうなるかと思うとまじで怖いし。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »