« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

Thursday, May 26, 2005

おだまき ブルースター@yumyumgarden

今日は新作おだまきをひとつ。名付けてブルースターでどうでしょう(こればっかしか)。

aquilegia_bluestar050515 aquilegia_bluestar_calcar050515
これがブルースター。

aquilegia_flabellata050515 aquilegia_vulgaris050515
下の段は比較用。左がみやまおだまき、右が西洋おだまき。

おだまきの特徴である突き出た花弁が退化してまるで星のようにこじんまりと小さく、くるんと丸まるはずの距はシンプルにまっすぐ。観賞用にはなんだかちょっぴり地味で寂しい感じがしなくもないが、一体何と何が交雑したらこうなるのか、考えてもさっぱりわからないところが気に入っている(?)。
一時はノラバーロウなど個性派もいたけれど、現在残っているのは普通の西洋おだまきとみやまおだまき、黄花長尾おだまきなど、わりと似たような花姿のものばかり。それがどうやったらこんな花が出るんだろう。

わざわざ種を採って蒔いたりはしないけど、来年もまた面白いのが出てきてくれるよう、花がら摘まずにほったらかしていよう。確信犯的に変わったおだまき連れ帰ってあちこちに植え込むのも楽しそう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, May 24, 2005

バラ開花状況 1

今月に入ってバラの開花がピークに。ミニバラに始まって、HT、ER、OR、まだ一度も花を見ていないバラの蕾もついて楽しみは尽きない。
冬の寒中植え替えも、春先から続く虫との闘いも、すべて今この瞬間のためにあったんだなあとつくづく思う。ほとんどのバラが鉢植えなので花数やボリュームはバラ園のようにはいかないが、自分の育てたバラはやっぱり世界で一番美しい。

と、ノロケはこのあたりにしておいて開花画像を。
本当はもっとあるのだけど、メモリースティックが今手元にない&画像処理する時間の都合で今日はこれだけ。
また第2弾、第3弾と続けたいと思いますのでお楽しみに。

leonielamesch050501 mothersday050505

angeldarling050511 papameilland050511

上の2つは今年の新入り、左がミニバラのレオニーラメッシュ、右がポリアンサのマザーズデイ。
どちらもころんとしたカップ咲きということでしたが、レオニーのほうは開ききるとやはり’開いた’感じになります。マザーズデイはそうなる前にはらはらと散ってしまうんだったかな、切花にしちゃったんだったかな、いい加減なコメントでごめんなさい。
下の左は数年前にBAYさんからいただいたミニバラのエンゼルダーリン。珍しいセミダブル&バイカラー&そばかす模様がとても気に入っているのですが、ついに1本だけになってしまいました。大事に長生きさせなくてはと使命感に燃えています。
右はパパメイアン。名札がなくなってわからない中のひとつでしたが、香りでパパメイアンと判明。別世界に誘われるような優雅な香り、間違えようがありません。花そのものは特に好みではないのですが、香りにつられて、枯れるたびに新しい株を求めてしまい、この子はもう3代目くらいでしょうか(あまり丈夫な品種ではなく、うどん粉病と黒点病にかかりやすく、冬に枯れることも多いようです)。品種選びは人それぞれですが、私はどうしたって香りが一番。ニオイフェチと笑われたってかまいませんとも。

そうそう、病気といえば。
あまりにうどん粉菌が蔓延するので消毒しようとクエン酸を撒いたのはよかったのだけど、普段家の中で使っている約100倍のをそのままスプレーしてしまったので、1日にしてバラが弱ってしまったのでした。照り葉はまだ耐えていたけど、モスやロサムンディなど葉の薄いものは茶色く錆びたように変色してしまい、大慌て。急いで重曹で中和して、その後水シャワーで流したけれど、しばらくは心配で心配で大反省。みなさんは気をつけてくださいね(普通気付くって?)。

| | Comments (12) | TrackBack (1)

Friday, May 13, 2005

リハビリ終了

今日で週2回のリハビリ終了。いつもの作業の先生ではなく診察の先生曰く「ここまできたらあとは自然治癒力で大丈夫」とのこと。「まだ続けたいですか」と聞かれたので「わかりません。後遺症が残る人もいるというので」と答えたら、「軽症だし順調だし心配ない」ということなので、今日で終わることにした。いつもけいの相手をしてくださった看護師さんにもリハビリの先生にもたくさん「ばいばい」してもらう。月曜の神経内科が終わったら本当に最後かも。どうなることかと思ったけど、回復できてよかった。はればれ。

天気もいいことだし、掃除するよりバジルの定植でもしようかな。菜園には去年採り損ねた豆類のこぼれ種がいっぱい。一生懸命植えなくても無精は無精なりのジャングルを形成するらしい。今年はしっかり食べようっと♪

そうそう、さやのブログにクイズを載せているので、よかったら回答してやってみてください。ここですのでよろしく。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, May 10, 2005

顔面神経麻痺 1ヶ月経過

発症から1ヶ月。最近は週に2度リハビリに通っています。
左右のアンバランスは、顔面神経麻痺だと知らない人にはわからない程度にまで回復し、リハビリで習った動きはひととおりできるようになりました。たまに気が緩んで薬を飲み忘れたりマッサージ&エクササイズをさぼったりしてしまうほどです。瞬きもできるようになったので、たまにコンタクトも入れています。
今日もリハビリに行ってきたのですが、先生に診てもらったところ、「ほとんど目立たなくはなったけれど、麻痺している方の筋肉の動きが遅いので、今度は素早い動きの訓練を入れていきましょう」と言われました。今やっている運動ができればそれで終わりってわけではなく、その次の段階がまだあるんだなあと反省。さぼっていてはいけないのでした。
舌の麻痺もいつの間にか消えたようで、普通においしくなんでも食べています。断乳したので量は減ったけど。ハーブやレタスがめきめき育っているので毎日の収穫がとても楽しいです。今年は克服用コリアンダーをまたまた植えているのですが、やっぱりどうやってもあのにおいはカメムシとしか思えず、またもや観賞用となる予感。誰かものすごーくおいしいレシピを考えて教えてください。ほんとお願い。

今週末と来週明けにリハビリ科(訓練じゃなくて受診)と神経内科に予約が入っているので、また経過を報告します。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Monday, May 02, 2005

連休・・・

連休初日の29日にけいが発熱。38.7度もの熱を出したが機嫌も食欲もいつもと変わらないので、翌日の土曜にかかりつけの小児科へ。この日の朝は37.5度で「軽い風邪でしょ」と安心したが、夜に再び38.8度まで上がり、さすがにおとなしくなってきたので坐薬を入れる。なのに夜中頻繁に起きては泣いて可哀相だった。
昨日は37度台まで下がったが、かわりに咳、鼻、声枯れなど風邪の症状が出始める。熱のほうはたぶんこのまま下がっていくだろう。他の症状もずるずる長引きながらも忘れた頃に治っているだろう。だけど明日を含めて3日しかなくなってしまった連休。ぶぅさんちにも実家にも行くほどの時間はないので、たぶん近場で日帰り(けいの様子によっては私とけいはお留守番)になるだろう。

だったらいよいよ庭のリニューアル!とも思いはするが、けいを連れてのDIY材料買いはまだきつい。でも行くならだんなと2人でないと、だんなは選べないし、私は運べない。なんかだらだら家の中で終わりそうな気がする今年の連休なのだった・・・。

さやの名言。
「えー、今日学校行くのー?」
申し訳ない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »