« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

Sunday, June 26, 2005

バラ開花状況 3

第3弾です。
まずは念願のハッピーチャイルド。

happychild050516 happychild050517

開き始めは左のようだったのが、開花すると右のように。とても鮮やかな黄色いバラがこぶりな株にたくさんついて、いかにも賑やかな子供達がわらわらとやってきたよう。葉は小さめの照り葉で元気いっぱいな印象。
何年越しの入手になってしまいましたが、やっぱり買ってよかったです。

fenzhuanglou050516粉粧楼。毎年同じなので今年はちょっと違った撮り方をしてみましたが、どんなふうに撮っても薄紙のような花弁でそれとわかりますね。最近はファンがさらに増えているのか、質問メールをいただくこともあります。病気にかかりやすいので上級者向けだとか、花が咲かないとか、いろいろ気をもませるバラのようです。確かに病害虫はたくさん出ますが、それが致命傷になることはほとんどなく、他のバラが咲かないような時期にも花をつけたりしているのんきちゃん。華奢な姿に似合わず本当はとても丈夫なのです。唯一雨に当てると花弁が固まって咲かなくなってしまうので、軒下で鉢植え管理するのがおすすめです。
今年はうどん粉病のせいか、いくつかの蕾が咲かずに終わってしまいました。もう少しまめに手入れできるといいのですが、まだしばらく子供優先ということでなんとか我慢してもらいましょう。

blueovation050526 angela050526

左はミニバラ、ブルーオベーション。香りのないバラで寂しいのですが、整った花に微妙な色味がとても美しくて満足しています。最近のミニバラは花が大きくて、他のバラの近くに置いても見劣りしませんね。
右はアンジェラ。さやが気に入って買ったもので、けいのピエールに対し、さやのアンジェラと呼んでいます。鉢植えで本来の大きさではありませんが、それでも年々花が増えて嬉しい限り。アーチかパーゴラを建てたら地植えにしようと思っているのですが、脳内作業のみでまるでめどがつきません。花フェスタのバラタペストリーを夢見ているのですが。

パーゴラ計画実行前に入梅してしまいました(予想はしていましたが)。庭全体のデザインも含めて、頭の中でもっとしっかりイメージを作り上げて、涼しくなったらもう一度トライしてみようと思います。本当は冬にやるのがベストなんだけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 24, 2005

また不調・・・

今度は湿疹。
先週末、疲れてまいってるとこにつけこまれたのか、すごい湿疹が発生し、今も増殖中。おかげでどこにも行きたくないし、誰にも会いたくない。けいには気の毒だけど、おこもり生活再開している。それでも「外に出せ」とも言わずおりこうに遊び、昼寝もしっかりしてくれるのが救い。

顔面神経麻痺が治ってくるのと同時にだんなの危機感も薄れてきていて、こんなんじゃまた違うかたちで何か出るんじゃないだろうかと思っていたのだが、病院ではストレスが原因なのではないとのこと。もともとアレルギー体質のところに、顔面神経麻痺の治療で飲んでいるメチコバールがヒットして副作用が出てしまったのではないかということらしい(たぶんそんな話だったと思う)。けどたいして強い薬でもないのにこれだけの副作用が出てしまったということは、やっぱり多少免疫系が弱っていた=ストレスや疲れがあったということだと思うのだ。
ということで、引き続きだんなにはプレッシャーをかけていくつもり。だってもう本当に私の休日はどこ!?って感じ。彼が出張先で楽しく休日を満喫しているときに、私は平日と同じ業務をこなしているのだ。「次はおみやげ買ってくるね」じゃないだろう。「次」がないよう努力するのが筋だと思うが、サラリーマンってそういう発想できない人種なんだろうか。きっと会社で家族の話はタブーなんだろう。家では仕事ばかりしているが。

ああ、またぐちぐちだ。
今度はバラ第3弾をアップして癒されたい。
最後まで読んでくれた人、ごめん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, June 19, 2005

バラ開花状況 2

本当はとっくにいろいろ咲き終わって現在一休み中なのですが、時間の都合で今日も4枚だけ紹介します。
てか、さっきアップしようとしたらココログエラーで消えちゃったのだーーー(号泣)。

lovelymore050516 rhapsodyinblue050517

左はミニバラのラブリーモア。3月の花フェスタで見て気に入って購入したのですが、咲いてみるとちょっと違うような・・・生長すればもっとピエールぽくなるのかな?ゆっくり様子を見たいと思います。これもこれで可愛いし。
右はラプソディ・イン・ブルー。実はこの冬カージナルドリシュリューかファイルヘンブラウを欲しいと考えていたのですが買いそびれ、春にこの子の開花を見てやっぱり買わなくてよかったと思ったのでした。色味はそっくりですもんね。3年目(だっけ?)にしてようやくフロリバンダらしくたっぷり咲いてくれるようになりました。いずれ地植えにしてもっとのびのびさせてあげたいと思っています。

cappuccino050516 rosegallicaversicolor050517

左はHTのカプチーノ。アンティークな雰囲気のタンタウのバラ。ジュリアとブラックティを亡くし寂しい思いをしていたときに出会い、花も見ないで購入したもの。外側の花弁の尾びれのような感じも好きで、茶バラ系の中では一番気に入っています。色的にはテディベアに近いかな。
右はロサムンディ。初開花なのにたくさん咲いてくれました。生育旺盛なバラらしく、春先に鉢を動かしたときにはすでに下の土に根を張っていて、だめもとで根を切ってしまったのですが、その後のクエン酸ダメージにも負けずすくすく元気に育っています。この春は画像のようなピンクの強い花ばかりだったのですが、大きくなればいろいろなバリエーションを見せてくれるでしょうか。

さやのブログにさやのバラもアップしました。あわせてごらんくださいませ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Thursday, June 16, 2005

「けいくん」

「けいくん」

と言うようになった!
2~3日前からだろうか。自分のことだと認識しているのかどうかは不明だが、「さや」とか「みかちゃん」と言わせようとしても無反応なので、もしかしたらわかっているのかもしれない。
呼びかけたとき、注意したとき、さやと何気なく「けいくんが」と話しているとき、にこにこしながら「けいくん」と繰り返すのが聞こえるとたまらなく可愛い~♪と思う。さやは「どうしてさやって言わないの」と怒っているけど、まあいいじゃない。

他に最近覚えた言葉は「CD」「DVD」「かぎ」「あっち」「あった」「ちぃちぃ(ウインドチャイム)」など。
歌は童謡のほかに「あーあーあーあーあー(ドミソミド)」や、さやのピアノの練習曲など口ずさんでいるときがあってたまにびっくりする。
もうあまり紙を食べなくなったので本も与えられる。といってもよほど気に入った本以外は投げるか踏むかめくるだけ。お気に入りはバナナの載っている本と会社四季報。四季報はめくりがいがあるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 10, 2005

ひさびさサイト更新

すんごいひさびさにサイトを更新。
リンクの追加だけだけど、ついでにリンクページのテーブル幅をちょこっと変えたり改行をやりなおしたり、結構時間がかかってしまった。こんだけでこんなんじゃ花のページはいつできることだろう。はぁ~。
それまでは花も愚痴も日記もここでということで。
さやが帰ってきたので今日はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 05, 2005

花フェスタ満開レポート

満開の花フェスタへ。
3月に行ってから2回目。前回は温室とネームプレートで夢を満喫していたが、今回はその名前も知らないバラ達といよいよご対面。新しくできたテーマガーデンのほうはさすがに苗がまだ小さく、花芽もないバラや枯れてしまったバラなどあったけれど、世界のバラ園はまさに色とりどりのタペストリー!そこらのバラ園では見ることのできない「点でなく面で咲くバラ」に圧倒される。人は多いけど広くなったぶん分散されて、例年のハイシーズンよりかえって見やすかったかも。

だけどリピーターにはやっぱりテーマガーデン。予想通りかなりはしょっても半分くらいしか見られなかったが(泊まりじゃなきゃ絶対無理)、見たいポイントを絞ってそこから重点的に見ていけばそこそこ満足できるはず。
私が見たかったのは、世界のナーサリーと香りのバラ、青バラのコーナー。
ナーサリーコーナーにはナーサリーごとに作出品種をまとめて植えてあって、なんとなくそのナーサリーのこだわりのポイントが感じられてとても楽しい。聞いたことのない会社でも「あ、あのバラを作ったとこなんだ」なんて発見があったりして。
香りと青のコーナーは、期待していたような系統分けやそれごとの解説などがなく、ただバラが植えてあるだけなのだけど、ほとんど名前を聞いたことのない(=たぶん今まであんまり注目されることのなかった)バラや新作のバラもあったりして、とてもよかった。特に青バラというと「どこまで青いか」に注目されがちなのだが、薄紫やモーブ色、グレーのかかりぐあいなどがそれぞれ違うし、花弁の数やフリルの具合でとてもエレガントなものがあったり、いわゆる青バラのイメージにあるような透けそうに薄いブルーの高咲剣弁ばかりではなく、肉厚な一重のモーブなんかもあったりして、目ウロコの連続だった。
香りのほうはERの独壇場。これは予想通り。もうひとひねり欲しいところ。

そんなマニアックなものより実際の庭造りの参考になるものが見たい人には西ゲートを入ってすぐのエリアがおすすめ。芝生あり、アーチ&ウォールあり、フォーマルガーデンあり、テラスあり・・・ありとあらゆる形式の庭を見ることができる。私は通り過ぎてしまったが、バラ以外の草花や樹木の使い方などヒントがたくさんあったんではないだろうか。もっと時間があればよかった。もちろんただ歩くだけでも充分楽しかったけど。

というわけで、その中から気に入ったバラをいくつか。前半デジカメをだんなに預けたまま別行動してしまい、メモ帳も持っていなかったため、データを少ししか持ち帰ることができなかった。残念。でもどうせまた行くんだからと実は結構余裕だったりして。行けなくて楽しみにしていてくださった方には申し訳ないけど、次行ったときにたくさん撮ってきますのでお楽しみに。来年には新しいバラも生長しているだろうし。

charlesdawin050531 laurenceolivier050531

左はチャールズダーウィン。2003年作出のER。カフェオレ色の美しいバラ。パットがかなり日差しにやられているのを見てしまった今日、私の触手はこっちに伸びている(渋好み)。パットって花弁に光沢があって肉厚に見えるけど、触ってみるととても薄い。同じく花弁の薄いガリカも揃ってかなりお疲れの様子だった。植物を見るのは薄曇の下が最高だけど、購入を考えているときには悪条件での様子を見るのも参考になっていいと思う。うちのロサムンディも日陰に移してやるべきかも。
右はローレンスオリヴィエ。メイアンのFL。ただひたすらラブリー。

blueheaven050531 seiryu050531

mistypurple050531 blueberryhill050531

お待たせしました青バラスペシャル。
上段左が今最も青いバラ、おなじみブルーヘブン。地植えになっているのを見たのは初めて。右はそのひとつ前の青バラ、青竜。青竜は、数年前、私が西武ドーム(今はインボイスドーム?)に行ったときに青バラコーナーの主役になっていたもの。日向のものを写したので横のブルーヘブンとは比較にならない画像になってしまい申し訳ない限り。一番青の座は譲ってしまったものの、独特の花形はやっぱり忘れ難い美しさで、個人的に青バラにこだわりのない私でもちょっと持っていたくなる。ただし性質はあまり強くないのだったっけ?
下段左はミスティパープル。ブルーヘブンと同じ河本バラ園作出の青バラ。美しい。作出年は2005年となっていたけど、たぶん間違いじゃないのかな?花弁がフリルがかってフォトジェニック。右はブルーベリーヒル。他の3種と並べると「どこが青!?」って感じだけれど、ここまで青に含まれるというのは逆にどれだけ青を出すのが難しいかということ。でも青かピンクかという以前に可愛いバラだと思う。

次回は自分ちのバラもアップできるといいのですが。がんばろ。

| | Comments (7) | TrackBack (2)

Thursday, June 02, 2005

たまには子供の話題

ここ最近の一番のトピックといえば、けいのボキャブラリーが増えたことか。いわゆるオウム返しをやるようになり、記憶力もアップしたのか、前に覚えた言葉を何かにつけて繰り返すうちに定着、日に日にいろんな物について表現できるようになっている。
「はっぱー(葉っぱ)」「あっしー(足)」「いっしー(石、おいしいもいっしー)」「ななな(バナナ)」など他人でもわりとわかりやすいもの。
「ごごご(すべて鼻音。いちご)」「こっこっかっ(行こか)」「ばっばっ(生き物?)」「あーいー(eye)」「かー(car)」など家族にだけわかるもの。
「あーやー(さやを呼ぶ)」「はーいー(返事)」「ねーねー」などは単語というより応対?
あと2語文はまだなのだけど、「ぴぴぴーあんねー(ピピピ(電子音)があるね(この場合は鳴った))」「くるくる(回るものや丸いもの)あんねー」「わーわー(犬)あんねー」なんかはわりと前から言っていた。
そして自分からは言わないが言わせて喜んでいるのが「ばら」。花や草に鼻をうずめてくんくんするのは既にマスター。良い香りを嗅ぐといい顔をする。覚えかけている「いやー」は言わないように気をつけている。
歌もたくさん覚えて、たいていのものはわかるのだが、わからないものはさやがこっそり教えていたりTVで覚えるらしい。「かいけつゾロリ」とか。「がらぴーがらがらぴー」とか。
あったかくなったので外に出る機会も増え(かなりがんばって毎日散歩させるようにしている。今日は雨なので嬉しい)、ちょっと色も黒くなった。だけど食べすぎなのか、1歳半を過ぎても相変わらずぽっちゃりしていて、男らしい顔つきにもならず、赤い服を着ていると必ず女の子だと思われる。こないだなんて調子に乗ったさやにヘアピンつけられていた。
うんちも相変わらず1日3回。布おむつはとっくにクローゼット入り。

さや。さやといえばもうすぐ英検。ひととおりは教えてマーク問題はそこそこできるようにはなっているけど、試験が目的というふうにはしたくないので、普段の会話でも使えるように選択肢のない穴埋め問題を出したりしている。それと見直し。すぐに「できた。丸付けして」と言うので、制限時間いっぱいまで待たせて何度も見直しさせている。見直すと結構間違いが見つかるので最近は言われなくてもするようになったよう。
先月はピアノのグレード試験があり、それは受かった。英検が終わったらイベント終了で気分的にちょっとゆったりできるかも。
勉強は得意なようだけど、外で駆け回っているほうが性に合っているようで、最近はバドミントンにはまっている。家にいるときは「何したらいいのー」連発。一人でできる趣味がないので困る。

といったところ。
私自身はいろんなことに目移りしてどれもあまりちゃんとできていない状態。子供に振り回される時期は終わったのに、やっぱりなんだか時間がない。けいはひとりで遊ばされているし、さやは「さっさとしなさい」ばかり言われて反省するのだけどなんだろなー。だらっとしているわけではないんだけど。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »