« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

Saturday, October 15, 2005

秋の開花報告

rosakunotani051015

今朝、BAYさんのご実家バラが開花。ちゃんと見張っていたつもりだったのに虫喰いでボロボロ、さらに雨の中の撮影ということで、なんだか無残な感じの画像なのだけど、一応アップしてみます。鮮やかな真紅の5弁に黄色の蕊が目に眩しい小ぶりの花。棘は鋭く葉は薄く立ち性。あれかな?と思い当たる品種のある方、ぜひご連絡ください。ただし、夏から秋にかけての花は本来の姿と違うことがあるので、もしまた2~3輪咲くことがあればまたアップします。とりあえず ’Rosa kunotani’とでも名付けておきましょう。

kusabotan051012 kusabotan_seed051005

これも同じくBAYさんちから来たクサボタン。3年ほど前、信州で見かけてとても気に入ったもの。うちなんかでは暑すぎてとても無理だろうと思っていたら、なんとBAYさんのお庭にあって、送ってくださったのでした。植える場所がなく2年も黒ポットのまま過ごし(BAYさん、ごめん!)、今年ようやくアジサイを抜いた跡地に植えてやったら初めて花を見せてくれました。なんだか似ても似つかないけれど、クレマチスの仲間で、種を見るとなるほどとわかりますね。信州ではベル型の小さな花が真夏にとても涼やかだったのですが、うちでは秋に入ってからの開花。やっぱりあまり暑いのはお好きではないのかな。

hototogisu_white051005

白花ホトトギス。うちのホトトギスは毎年毛虫にやられるうえに、何かが合わないのか、いただいてもいただいても亡くなっていたのですが、今年はどの株も無傷できれいに花をつけてくれています。ホトトギスの名前の由来は花についている斑が同じ名前の鳥の胸の模様に似ているところなのですが、白花にはその特有の斑がありません。それもそれで楚々としてなかなか良いものです。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Tuesday, October 11, 2005

翻訳 現状報告

昨日参加申込書を送りました。
コンテストの賞金をそのままあちらがホールドして私の費用から引いてもらう、ということなので、たぶん参加決定でしょう。アマゾンに注文中の原書がまだ来ていないので、コンテストで訳したぶんしか読めていないのが不安ではあるのですが、全力でがんばればきっとなんとかなるでしょう。

ということで。
また報告します。

そうそう。原書は『An Ear to the Ground』、販売予定価格は1500円、発売はたぶん1年後くらいです。
お小遣いとっといてね。よろしく(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 06, 2005

公園事情

今朝のニュースで「最近の未就園児はきょうだいや友達よりも母親とばかり遊んでいる」と言っていた。「母親べったりで人間関係が希薄」なのだとも。ちょっとむっときてしまった。
これくらいの子供はまだ友達といても一緒には遊べないので、上のようなことがいいのか悪いのかはおいておくとして、母親のほうは一日子供と煮詰まってるより、外で人間関係を作りたいと思っているものなのだ。それがどうしてできないのかというと。

公園言っても誰もいない。サークルはあっても入れない(拘束されたくないというのもあるけど、活動時間が昼寝と重なったりすると無理だし、場所的なこともある)。近くで子供の声はするけど自分の子とは時間が合わない。などなど、決して母親が好きで自分の世界に子供を閉じ込めているわけではないのだ。

今日も午前中散歩に行ってきたのだが、会えたのは1組(それでも誰かいればいいほう)。あちらも「いつも誰もいなくて」と嬉しそうにしておられた。子供同士がまったく別方向に行ってしまったので名前も聞かずにお別れしてしまったが、もうちょっと話したかったな。

本当に子供の遊べる公園づくりをしてくれる(近所の公園には楽しそうな遊具がない)とか、雨の日でも勝手に遊べる(ここがポイント。名札つけたりされると行きづらい)場所を提供してくれるとかしてくれると友達なんていくらでもできると思うのだけど。「最近の母親は」とか言う前に、母親が子連れで楽しめる社会にしてほしいと強く思う。今日の公園なんて砂場に雑草生えてたんだから~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 05, 2005

肥料の話

あれ以来ずっと生ごみ&米ぬかを埋めているだけなのだけど、これだと窒素が多すぎてしまうのか、菜園の植物が図体ばかり立派で花や実をつけないという事態に陥っている。ズッキーニは開花するけど実が結実しない。マリーゴールドは花芽そのものがついていない。燐酸が多くなるよう調整する方法があるのか、市販の肥料で補うしか手がないのか、一度ちゃんと調べてみなければと思っている。

で、今日ホトトギスなど撮りました。土砂降りが来る前のぎりぎりセーフなタイミングで。やっぱり私は晴れ女なのね。今これを書いているノートでは取り込めないので週末にでもアップできるようがんばります。お楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 04, 2005

9月の庭報告

ここんとこ庭の話をしていないのだった。
庭仕事もあんまりしていないし、これといったトピックもないのだけど。
それでも涼しくなってからというもの、徐々に植物に生気が戻ってきていて、バラがぼちぼち咲き出したり、水仙の葉が見え出したりしている。
金木犀も昨日あたりから良い香りがしているし、そうそう、月下美人も1つだけど花をつけたのだった。センニンソウもたくさん咲いて真夏に涼をくれていた。画像がないのでいまいち説得力に欠けるのだけど。

で、この秋初開花を迎えたのがBAYさんちから来た子達。ご実家の品種不明のバラを挿して送ってくださったものと、どうしても欲しいとおねだりしていただいたクサボタン。どちらも数年もの。そして初めて今年花芽がついた。
ご実家バラは咲いたら本と首っ引きで品種を調べるお役目を果たさなければならないのでドキドキだけど、何年も待ち望んでいた花とご対面するのが本当に楽しみ。BAYさんたら花の色さえ教えてくれないんだもん。赤い子かな?それとも白バラ?ピンク?案外オレンジなんかだったりして・・・あああ、わくわくする。画像が撮れたらアップするので腕に覚えのある方(?)はぜひ同定にトライしてみてください。クサボタンのほうはまだ咲いているので雨が上がったら撮影しよう。蚊の多い場所なのでなんとなく避けていたりするのだけど。

あともうすぐ咲くものといえばホトトギス。毎年気持ちの悪い毛虫に蕾をかじられて悔しい思いをしているのだけど、今年は姿を見ていない。実家から来た立派な大鉢も、4号鉢の白花も、今のところ無傷でがんばってくれている。
それから秋明菊も今年は花芽がたくさん上がっている。ずっとほったらかしにしていたので土が痩せていたのだろう。有機物マルチが効いたのに違いない。まだ一度も花を見ていない(こればっかり)桃花も今年は見られるといいな。

暑さも和らいでお散歩シーズン。たまにはけいを庭で遊ばせながらカメラとも仲良くしなければね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »