« 暴君ハバネロ | Main | ガラスの花と今年のおだまき »

Sunday, May 14, 2006

今日は晴れ間

今週(先週?でもなんとなく一週間は月曜から始まるような気がする)は雨ばかりで、洗濯物も布団も外に干せないわ、生ごみは埋めに行けないわ、アスパラは伸びて食べられなくなるわ、花は咲いても濡れて可哀想だわ、画像は撮れないわ、蒸れてメコノは枯れちゃうわ、人間が出てこないのをいいことに虫は蔓延するわ・・・もおおおっっっ!!!いーかげんにしてくれ!!!と思わず叫びたくなってしまった。
今日は晴れ間だったので、朝からできる限りのことをした(来週また降るらしい)。洗濯物をベランダに干し、生ごみを埋め、バラについたアブラムシ、チュウレンジ、ゾウムシなどを退治。テントウムシの親がいたので餌の多いところに移そうと思っていたのに、いろいろ踏んだり潰している間に忘れてしまった。あと、軒下で枯れかけていたケマンソウに水をやるのも忘れていたので、あとで行ってやってこよう(これは今日中にやっとかないとさすがにまずそう)。

今年はバラの被害状況がちょっと違う。新しい害虫が増えているような感じ。葉には何かもぐって(エカキムシとは違うっぽい)いるし、葉先からじわじわ枯れたりしているものもあるし、糞はあるのに姿の見えないものもある(チュウレンジもいるにはいるけど、あいつらは見えないことはあまりない)。なんだろう?いずれ画像がアップできたら誰か見てください。
あと、珍しく春先に液肥(有機肥料を水で薄めたもの。と一応断っておく)をやったらあちこちで被害が出た。よそのバラはどうか知らないが、粗食に慣れているうちのバラには余計な栄養はやらないほうがよかったらしい。普段から「少しでも大きく、少しでもたくさん咲け」とばかりにたくさん肥料を与えられているバラならあの手この手でリッチに育ててやればいいのだろうが、うちのように「なるべく自分でなんとかして」と放置されている(爆)ようなバラには、よく言えばそんな環境でやっていける力がついているのだから(途中でリタイアするのもあるけど)、余分な栄養はかえって迷惑だったのだろう。一度「こう」と決めたのなら、ずっとそれでいったほうが、植物のためにもいいんだと納得。これからも最小限の手間だけかけて育てよう。

今週の趣味の園芸はミニバラ特集。私はあまり興味がないのだが、さやが好きで、今日は食い入るように観ていた。彼女がお小遣いで買った鉢もあるけれど、私も多少持っているので、もし気に入ったのがあれば挿し木して自分のにしたらいい、と言うと喜んでいた。こうやって少しずついろいろ教え込んでいくつもり。もちろん自分でやらせるのだ。そうやって少しずつ私は楽していくんだもーん(笑)。

|

« 暴君ハバネロ | Main | ガラスの花と今年のおだまき »

Comments

どんな被害が出たんですかあ?うちは子ども育てるのと一緒で、多すぎず少なすぎず、常識的な頻度で栄養を与えています。それにしても今年は開花が遅いですねえ。やっと今日にせものマダムハーディーが咲きました。

Posted by: 猫茶 | Tuesday, May 16, 2006 at 13:49

猫茶さん、こんにちは。
被害というのは、枝先が枯れこんできたりということです。施肥をやめたらおさまりました。
開花は、よくわかりませんが、HTやミニバラは遅いのかな?ERやORはもともとゆっくりなのでそんなでもないですよ。
にせものマダムハーディはガリカだと思います。よく出回ってるロサムンディではないかと思うので、一度調べてみてください。香りはないけどいい花ですよ。

Posted by: みか | Saturday, May 20, 2006 at 14:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/10064340

Listed below are links to weblogs that reference 今日は晴れ間:

« 暴君ハバネロ | Main | ガラスの花と今年のおだまき »