« 取り急ぎご挨拶まで | Main | 最近の生活 »

Thursday, September 06, 2007

ダンボ2号と虫のまとめ

さんざん虫に悩まされたダンボこと段ボールコンポスト2号機も、お盆休みの留守に合わせて熟成期間に入りました。
一応毎日かき混ぜるということですが、そんなにまめにやらなくてもそう変わらないような気がして、ついついさぼりがちになっています。
完成後、場所があいたら3号機をまた始めるつもり。堆肥なんてそんなにたくさんいらないけど、ごみが減るのでかなり重宝するのです。

で、虫の最終レポートを。

最初に沸いたうじ虫は、アメリカミズアブという虫の幼虫でした(画像はないので各自でぐぐってくださいね)。
成虫は一見黒い中型のハチのよう。傍にいると刺されそうで怖いのですが、害はなく、ただ生ごみや堆肥が大好きな、知っている人には不潔なイメージのある虫です(私は知らなかったので抵抗なかった)。
幼虫は大きな気持ちの悪いイモムシで、これが嫌で嫌でなんとか撲滅しようとがんばったのですが、高温も乾燥も兵糧も、結局どれもたいして効果はありませんでした。
でも、調べてみると、これはこれで生ごみを効率よく分解してくれる益虫でもあるようで(要は考え方次第)、見た目に慣れればもういいや、の境地に達して、後半はほったらかしにしていました。

次に来たのが蛾。
種類はこれと決まったわけではなくて、そこらへんを飛んでいる蛾が入っては増えて飛んで行き、また入っては増えて飛んで行きます。
まあ、蛾なんで、邪魔ではあるけど、あまり気にしていませんでした。たぶん無害。

最後に来たのが、意外なことに蟻でした。
きっかけは何だったんだろう?さっぱりわかりませんが、普通の働き蟻が列を作ってどこぞからダンボへと毎日まめに往復していました。
甘いものは入れていないし、もしかしたらアメリカミズアブの死骸(成虫は半分くらい死んでいたようなので。虫かごの蝶も半分くらい死ぬでしょう?)を何かのはずみで見つけてしまったんだろうか、と、勝手に推測しています。
ピーク時にはダンボの中に巣ができていましたが、熟成に入ってごみを捨てなくなったら消えました。
まあ、蟻の場合は道がなくなればもう来ないので、どうしても嫌ならしばらく場所を移動して、道の部分をきれいに掃除してしまえば問題ないと思われます。私は何もしていないので、ダンボを動かすのがちょっと怖いのですが。


以上、わかったことをまとめると。

・刺すような虫でなければ気にかける必要なし。
・ごみを食べる虫は分解のヘルパーと思えばよし。
・だけど気分的にはきれいにこしたことはないので、厚めのカバーをきちんとかけたほうがいいかな?(薄いと虫食いになる)

ということです。


暑さがやわらいだら、コンポストをいよいよ使ってみたいと思います。
菜園には何植えようかな♪

|

« 取り急ぎご挨拶まで | Main | 最近の生活 »

Comments

緑色のコンポスト、差し上げられるのありますよ!

Posted by: 猫茶 | Saturday, September 08, 2007 at 00:49

猫茶さん、ごぶさたしてます。
元気にしておられますかー???

ダンボールコンポストは通気性のためにダンボールを使うということなので、プラスチックのとは勝手が違うんですよね。
緑のは大きいし、うちの庭ではやっぱり無理だと思います。
お気持ちだけいただきます。

話変わりますが、さやは元気に塾に通いだしました。
友達もできて、成績バトルも良い励みになっているようです。
いろいろ相談に乗ってくださってありがとうございました。
また迷ったときはいろいろ教えてくださいね。

Posted by: みか | Monday, September 10, 2007 at 16:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/16360756

Listed below are links to weblogs that reference ダンボ2号と虫のまとめ:

« 取り急ぎご挨拶まで | Main | 最近の生活 »