« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

Tuesday, November 18, 2008

しし座流星群

見ましたよ。今朝。

ゆうべは曇っていたし、すっかりアラームセットするのを忘れていたのですが、いつもの時間(5時)にアラームが鳴り、さあ二度寝と思ったところで思い出して外に出ました。
月が明るく、星はたくさん見えたわけではなかったけれど、ああ、だいたいあの方向だったかな、とぼぉっと見ていたら大きいのがひとつ流れていきましたshine

ひとつだけしか見えなかったけど、朝方また曇ったりしていたので、私には見せてくれてありがとうと思っていますconfident

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 09, 2008

コーヒー : 豆のおすすめ解凍法(?)

うちの豆はほとんどが通販なので、送料対策のためにまとめて買うことが多いです。
なので、保存は届いたその日に冷凍庫、が基本なのですが、これをそのまま挽いてしまうと冷凍臭がしてしまう。本には「挽く一時間ほど前に冷凍庫から取り出して室温に戻しておく」などとありますが、朝からそんなことしていたら昼になってしまいます(笑)。

で、編み出したのが「ふきんに包んで胸につっこむ」という方法。
お湯を沸かしたり道具を用意している間に、体温でほどよく解凍されて、なんともナイスな思いつきだと我ながら満足なのですが、これがけいに大うけなのです。
だんなですら「ああ、コーヒーか」程度の目でしか見ないのに、「おっぱいおしりおならぷりー」世代にはたまらないらしく、「さーあ、お豆あっためよう~♪」と大げさにやって見せるとキャハハと笑いながら寄ってきます。

おすすめです。
ぜひおためしあれ。
男性客に試したことはないですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 04, 2008

ハンドクリーム2種

そろそろ手荒れの季節・・・というわけで、ハンドクリームを2種類作ってみました。
ずっと使ってみたかったフローラルワックスとアクアホホバオイルを使ったものをそれぞれ。
どちらも顔に使うには抵抗があるので、ハンド&ボディ用のクリームにしました。

081104cream

・左
いわゆるハードクリーム、軟膏ってやつです。
生クリームのようなぷるぷるのではなく、ワセリンのような硬いやつです。
水分を含まないので乳化の必要がなく、保存にも気を遣いません。
保湿力は高いですが、べたつくので、昼間ちょこちょこ手などに塗るには不向き。
主にひじ、ひざ、かかと、あるいは寝る前に手に塗ったり手袋をしたりするとよいです。

 【レシピ】
シアバター 小さじ1/2
アロエバター 小さじ1/2
ホホバオイル 小さじ1
ミツロウ 小さじ1/4
練り香水 小さじ1/4

すべてを耐熱容器に入れ、かき混ぜながら全部溶けるまでレンジでチンして混ぜる。

なぜ練り香水が入っているかというと。
以前フローラルワックスを使った練り香水を作ってみたのですが、案外香りが広がらないうえに飛ぶのがはやく、だったらワックスを使った顔用以外の何かに混ぜて使えないかなあ、とずっと考えていたのです。
こりゃ絶好の機会だということで入れてみましたが、この量ではいまいちうっとりと香るほどにはならず、もう少し入れてもよかったなあと思っています。
全体的にワックス分が少なかったのか、ハードクリームといっても柔らかめに仕上がったので、ミツロウ、練り香水ともに量を倍くらいまで増やしてもいいかと思います。
柔らかいほうが肌になじむので使いやすいですけどね。


・右
対してソフトクリームというやつです。
白くはなく半透明です。
水分が入っているので使いごこちはさらっとしています。
昼用クリームにちょうどいいですが、皮剥けや傷の修復効果までは期待できないと思われるので、しっかり保湿したい場合はハードクリームに手袋がいいんではないでしょうか。

 【レシピ】

ローズウォーター 大さじ2
アクアホホバオイル 大さじ2
ビタミンEオイル 適量
サンダルウッドE.O. 5滴
ラベンダーE.O. 3滴
ローズウッドE.O. 2滴

ローズウォーター以外の材料を容器に入れてよく混ぜ、混ざったらローズウォーターを加えて蓋をし、15秒ほどしっかり振る。

なんと振るだけで本当にできちゃいましたよアクアホホバクリームが!!!
いままでレシチンだの乳化ワックスだの使って2時間も格闘してたのなんなんだと思うほどあっけなく。
ただしアクアホホバは合成活性剤が含まれているということなので(発売当時、天然だというので飛びついたのですが、まあ、そんなはずないですよね・・・)、顔に塗る気にはなりません。
といっても、私の場合、クレンジングにはこれ単品で特に問題なく使えているので、ハンド&ボディくらいなら作ってみる価値あるんじゃない、とトライしました。

最初、全体を半分の量で作って、E.O.をサンダル5滴にしたら、傷に少ししみる気がしたので、材料を同じ容器に追加して、ラベンダー(傷の修復作用)とローズウッド(サンダルだけでは香りがちょっとだったので)も加えてフリフリしてみたら、気に入るものになりました。
アクアホホバかサンダルか・・・?と思いましたが、精油が多かっただけのようでした。


顔には現在クリームは使っておらず、ローズヒップオイルを夜だけ塗っています。
朝はローションのみでまだ大丈夫。
大丈夫でなくなったら、2時間かけてリッチなレシチンクリームに挑戦しようと思っていますがちょっと気が重いです(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (7)

Saturday, November 01, 2008

フローラルウォーター : 比較 2

グレープウォーター、ラベンダーウォーター、アップルウォーターを使ってみたのでレポートを。
以下、使った順です。

・グレープ
ウメッシュの香り。
イメージしていたブドウやワインではなく、甘く濃厚なウメッシュです。「いやでもこれはグレープウォーターだから」と頭に叩き込んで嗅げばブドウな気もしてきますが、気を抜くとウメッシュに戻ります(笑)。
だからといって嘘くさい人工的な香りではないのですが、甘ったるいのが苦手な人はだめかもしれません。好きな人は好きだと思う。子供の喜びそうな可愛い香りです。

使用感はといえば。
果物アレルギーの私でも使えるのか不安だったので、しばらく大事な用事のない日の夜からスタート。連続使用は避け、いつものサンダルウォーターローションなどを使う合間合間にちょこっと入れたりしていました。
何度か使ってかぶれがなかったので、後半は毎日使いにしましたが、大丈夫でした。取り込む場所が違うからか、蒸留水とまるごとフルーツでは成分が違うのか、わかりませんが、とにかくいけました。
香りはいかにもべたつきそうな甘さですが、あくまで香りだけで、特にほかの蒸留水と違ったところはなかったです。

・ラベンダー
ラベンダーウォーターは私にはさっぱりしすぎかなとの先入観から使ったことがなかったのですが、せっかくサンプルがあるので、まだあまり保湿の必要がないうちにと、まだ暑い秋口に使ってみました。
びっくりしたのはその香り。精油はヘビロテなので、それと同じような香りだろうと予想していたのですが、まったく違う。むしろドライのポプリに近い乾いたグリーンな感じの香りです。確かにどちらもラベンダーなのですが、同じ植物でこうも違うものかとかなり驚きました。

使用感はこちらも同じ。季節を選んだこともあるのか、特に乾燥することもなく、調子よく使えました。
まあ、さっぱり系だとわかっていたら保湿成分を増やしたりするので、さっぱり系をさっぱりさせたままで使うってこともないのですが。

・アップル
これまた可愛いリンゴの香り。グレープに負けず劣らずこってりと甘いです。フルーツ系だとどれもこんな感じになるんでしょうか?
リンゴは冬のイメージなので、一番最後に使ってみました。ちょうど昨日切れたとこです。
使っているとけいが香りにつられてやってきて「けいちゃんにもつけて」と言います。つけてやると嬉しそう。やはり子供向けの香りかなと思います。

使用感はこれも変わらず。特にしっとりするでもなく、べたべたするでもなく。


どれも夏から秋にかけての使用だったので違いがよくわからなかったのかもしれません。といっても冬は冬でオイル系を付け足したりするでしょうし、化粧水そのものにもオプションいろいろ入っているので、ベースの芳香蒸留水は何を使おうとあまり関係ないのかもって気がします。
よほど肌の丈夫な人で、基礎化粧品は芳香蒸留水のみっていうのでなければ、決め手はやっぱり香りかなあと思います。
少なくとも私はそうです。においフェチですからね(笑)。

また何か試したらレポートします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2008 | Main | December 2008 »