« シルホとパフィオ | Main | エコトーク »

Wednesday, April 15, 2009

4月の庭

今年も植え替えしなかったクレマチスに蕾がたっぷり。
肥料もやらない鉢植えなのに年々花を増やしてくれています。

090406clematis1

090406clematis2

下画像の右端にある紫花だけ品種の違うもののようです。
からまりまくってどこにどの鉢の花があるのか・・・鉢下の土にはきっと根っこをおろしていることでしょう。もはや植え替えたくても植え替えられない状態になっているのではないかと推測。

090406paeonia

シャクヤクにも花芽。
うちのはまだどれもひょろひょろだけど、いずれターシャの庭のようなシャクヤク畑になりますようにと夢見ています。

090406rhapsodyinblue

あのラプソディ・イン・ブルーがこんなになりました。
あきらめなくてよかった~。
今年は肥料をがっつり入れたおかげで、どのバラも生育がいいです。
そろそろ虫との戦いが始まりますね。

090406blueberry

ブルーベリー。
10年くらいの樹でシュートも葉芽も出ず、そろそろ寿命かとあきらめていた子ですが、下のほうから枝が出てきているのを発見。なんとか再生してくれるといいのですが。

090406tulippurple

今年は球根すら仕込まずだったのに、チューリップやらアネモネやらカラフルに咲いてくれています。
これも去年だかおととしだかに植えたもの。ダークな色味にクイーンオブナイトだと思っていたのですが、それよりもっとモーブっぽくて、何でしょうね?
チューリップは大人っぽいのが好きです。チューリップってだけでどうしてもおこちゃまムードになりがちなので。

090406helleboruslividus

原種のクリスマスローズ、リビダス(Helleborus lividus)。
最近はホームセンターでも原種をたくさん見かけるようになりました。
いわゆる花の華やかなオリエンタリスより、原種のヘレボラスが好きです。うちでは白のニゲル以外はこのタイプの緑花ばかり(ニゲルも原種)。
リビダスは緑のなかになんともいえないシックなピンクが混じっていて、自然のものでありながらなんてセンスいいんだろうと思ってしまいます。
1本の花茎にたくさんの花枝がつくので、切花にすると豪華です。

ほかにもいろいろ咲いています。
また撮ってアップしますね。

|

« シルホとパフィオ | Main | エコトーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/44677776

Listed below are links to weblogs that reference 4月の庭:

« シルホとパフィオ | Main | エコトーク »