« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

Tuesday, February 23, 2010

朝からしょぼん・・・

まだ8回目なのにギブアップ・・・?
対イギリス戦での5点得点、ドイツ戦での6点奪回、頭に浮かんだ応援団は多いんではないでしょうか。
あと2回ねばってたらと残念で仕方ないのですが、彼女達がだめだと思うんだからだめなんでしょうね・・・本当に残念です。
今日は時間がたっぷりあくので、明日また新たな流れを作ってほしいと思います。

カーリングです。

グリムスも五輪バージョン。

100223

女子ホッケー、決勝はカナダvsアメリカですね。
昨日の男子のカナダvsアメリカはおもしろかった。
なかなか全部の競技は見られませんが、ひとつでも多く見られるよう番組表とにらめっこでがんばりたいと思います。
今からバイアスロン観ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 20, 2010

カーリング!

今日のベストゲームはカーリング!
試合開始から両チームとも絶妙なショット頻発でまったく展開読めなかったのですが、最終ショットが一番読めなかった!
カーリングで5点入れるなんてそうあることじゃないですよね。まるでミラクル。今日観ててよかった〜。
8ゲーム目のラスト2ショットもよかったです。イギリス上手かった。
明日以降も楽しみです。ここで勢いつけてがーっといっちゃってほしいです。

ところで夕べ男子フィギュアの再放送を観ていたのですが、パトリック・チャンは明らかに得点高すぎでしたよね。地元だからってご祝儀あげすぎ(笑)。
だからかどうかわからないけど、今日のアイスダンスコンパルソリーはカナダポイントなかったように思いました。ただしフリーとかどうなるかわかりませんが。
女子に不公平ないよう願うばかりです。

ベルビン相変わらず可愛くて目の保養、堪能しました。
オリジナルも放送してくれればいいのにNHK。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 19, 2010

gremz3本目&祝男子フィギュア


gremz3本目が大人の樹になりました♪

Gremz100219

チューリップの花みたいな可愛い樹です。
今までついてた葉っぱはどこに(笑)?
またどこかに私の樹を植えてもらえるのですね。とても嬉しいです。
4本目も楽しみです。


で、男子フィギュア、メダルおめでとうでした~shine

試合自体は失敗続きで滑る人も見てる人も納得いかない場面が多かったのですが、これが五輪というものなんでしょう(誰かふだんどおりに滑れる氷を作ってくれればいいのに)。
高橋くん、滑りも気持ちもすべて実力でしたね。織田くんは残念でした。小塚くんは次回さらなる楽しみを与えてくれそうです。御大お疲れ様でした(笑)。

まだまだ余韻に浸っていたいけど、カーリングとスケートの録画放送もチェックしなくちゃ&もうバスが来るのでこのへんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 17, 2010

五輪な毎日

今回も開会式から日がな一日五輪が流れています。
今回は昼間の競技が多くて見やすいのですが、ちょうどバスの送り迎えと重なる時間があったりして、フィギュアなんかは見逃したくないので録画しながらなのですが、見逃した場面を観る時間もないくらいNHKをだだ流し状態です。来月まとめて観る予定(閉会式後のぽっかりを埋められるし)。

今日はフィギュア男子とカーリング女子を観てました。

カーリングは美人が多い!フィギュアもきれいだけど、あれはつくりこまれた競技の一部であって、カーリングはそれと違う「素」の美しさを感じる人が多いです。
いかにもアスリート的なストイックなすっぴん&ムキムキボディでもなく、フィギュアのように派手なケバさもなく、シンプルなジャージに身だしなみ程度のナチュラルメイク、屋内競技なので肌もきれいで高感度UPといったところなんでしょうか。
「花形!」のプライドもなく、スピード競技のような闘争心も見えないところもいいのかも。穏やかな感じ。
スポーツ選手なのに不思議と癒し系な人たちです。チーム青森。

フィギュアは失敗続きでひやひやしたペアと一転(でも順位は妥当でよかった。ラッキーメダルは納得いかないですもんね)、今日は良い演技がたくさん見られてよかったです。
私のランビエールはますます大人の魅力だったし、日本の3人も客席と一体となって盛り上がり、競技というよりステージ観ているようでした。可愛かったウィアーはすっかりフェロモンな「男」になってしまって、演技自体は好きだったけど、彼自身はもうあんまり好きじゃなかった(笑)。プルシェンコは国の要望かもしれないけど、もう出てくれなくていいです。彼のおかげで後続がメダル取れないし、そもそもとっくに殿堂入りしたような人なのに。スペシャルゲストみたいな存在。ジュベールにはぜひともフリーでがんばっていただきたいです。完璧以外は見たくない、ジュベール。

明日は幼稚園のお食事会です。
スノボとショートトラックか・・・決勝はほとんどないみたいだけど早く帰ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 13, 2010

は・あ・と ナイトバージョン

100212

昼間と違う。
凝ってるな~。


バレンタイン、今年は日曜日なんですね。
私はチョコは高いのを買う派なのですが、今年から自分も半分食べることにしました(勝手に)。
だってさー、ホワイトデイに何もらったところで、高いチョコよりおいしいもんなんてないんだもーん。
かといって、チョコは絶対にもらえないんだもーん。

というわけで、今朝届いて冷蔵庫に眠ってるチョコが一日中気になって仕方なかったのでした。
だんなまだ帰らないのでいい加減あきらめてお風呂入ってもう寝ます。
イベントある人、楽しんでくださいね(いーなー)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 12, 2010

は・あ・と(笑)

100209

バレンタインバージョンですね。
お受け取りくださいまし(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 07, 2010

靴下はじめました

今年はミトンと靴下!!!
とずっと言ってて糸もたっぷり買い込んだのに、マフラーばかり編んでいて、もしやこの糸、袋開けないまま冬終わっちゃう?と悲しい気持ちでいたのですが、ようやく靴下編み始めました。

Socks100207

3日ほどで片方完成。
だけど悲しいかな、できたからって即使えないのが靴下なのです。
達成感でいっぱいなのに、もう片方編まなくちゃいけないのです。
いっこできたら次もう違うことやりたいのに。

わがまま言ってもしょうがないので、時間空けずにその日のうちにもう片方編み始め、今日か明日には使えるかなというところ。
こういうものは勢いで。

編みかけのほうがじゃっかん完成品より小さく見えるのは、多少完成品がゆるいのでもう片方は少しきつめに編んでいることもあるのですが、試作なので試着を何度も繰り返したり、片方しかできてないのに嬉しがってゆうべ一晩履いていたことが大きいと思われます。
両方できて同じように履くようになればあまり変わらなくなるのではないかと。

履き心地は、もうもうすこぶる良いです!!!あったかいの!!!
どれくらいあったかいかというと、普通の靴下(モコモコではなく通年通して履くようなやつ)がゴム手袋の下につける綿手袋だとすると、手編みの靴下は毛糸のミトンくらいあったかいです。
っていうか、そもそもそれと同じことです。考えたらあったかくて当たり前。
なのになんで今までこれを履かずにきたんだろうと後悔するほどあったかいです。

サイズは、長さは試着しながら微調整がきくのでぴったりにできたのですが、幅(直径)は作り目の段階で決めなければならず、22cmの輪針で編みながらかかとより上の部分のサイズを確かめるのはもうずいぶん下まで編んでからでないと無理なので(輪針が引っかかる)、試作段階では無理と割り切って本の通りに編んだところ(そこまで編んでほどくの嫌だから)、ずり落ちるほどではないけどゆるいなって感じになりました。
そもそも手編みの靴下は既製品ほど伸縮性がないのでゆるフィットくらいがふつうらしいのですが、それでももうあと1~2模様小さくてもよかったなと。
いろんな糸で家族ぶん作るのであれば、ひとつ作るごとに「誰のぶんをどの糸で何号針でどれくらいの目数で編んだ」とデータを残しておくのがよさそうです。
アウターならよほど小さくないかぎり使えないってことはないけれど、靴下はフィットしないと気持ち悪いですからね。

靴下編みのポイントであるかかと&つま先ですが。

かかとはスタンダードな引き返し編み。最初目数が合わなくて挫折しそうになったのですが、本の別のページに詳しい解説があったので、なんとかなりました。
編み目はあんまり綺麗じゃないけど、靴を履いたら見えない部分だし、編み慣れればちゃんとできるようになるだろうからよしとします。

つま先は両端を減らす編み方。単なる減らし目なので特に問題はないのですが、減らし目部分のゴロゴロが足先に当たってなんとなく気になります。見た目は悪いけどルームソックスなんかだったら甲寄りの場所で減らすとかしたほうがいいかも。最後のメリヤスはぎもなんだかちゃんとできてるんだかできてないんだかわかんない感じ(特に珍しいはぎ方ではないはずなのに、私に細かい作業ができないだけ?)。
次編むときは均等減らし目でやってみようと思います。それならマチはできないだろうから。
いろいろやってみて履き比べてみたいです。

デザインは『手編みのソックス(嶋田俊之 文化出版局)』の作品A。

 

糸はピエロ【313-01】ソフトメリノ中細(アイボリー)[毛100% 中細全18色 白]、針は趣芸硬質 輪針 G 22cm 3号で。

 

この輪針がすごくいいんですよー。
靴下とか手袋サイズの輪針って今まで見たことなかったんですが、ここの22cm針だとぴったりで、しかもコードの部分がとっても柔らかくて自由自在に曲がってくれるので、まったくわずらわさを感じずに小さな筒が編めるのです。さすがにつま先部分は4本針でないと無理だけど、だからといって「もったいないからはじめから4本針でいいよ」って気にはまったくなりません。むしろこれなしで筒編むのなんか二度とやだ。
靴下本にはもっと太い糸の作品のほうが多いし、今と同じ糸で編むにしてもゴム編み部分は号数落としたほうがフィットしそうなので、違う号数のも揃えたいと思っています。
お値段は高いんだけど、それだけの価値はあります。

この靴下、けいさやだんな(だんなはつま先作る前。そんなことしたから広がったのか?)にも履かせてみましたが、みんな第一声が「あったかーい♪」でした。
冬の間に4人分行き渡るように編んで、あったかくなったら綿や麻で透かし編みのを作ったり、いろいろ楽しもうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 03, 2010

暖冬なのかな?

ひさしぶりに「お花も見せてくださいね」とのメールをいただき、やる気になって、庭を散策してまいりました。

花といえばそろそろクリスマスローズが良い感じになってたっけとリビダスをパチリ。

100203helleboruslividus_1_2
christmas rose (Helleborus Lividus) キンポウゲ科

リビダス特有の赤みを帯びた蕾と若葉がとても綺麗。


100203helleboruslividus_2

開花まであともう少し。

ヘレボラスは、ニゲルはもう咲いているのですが、オリエンタリスもリビダスと同じような進行状況。
咲いたらお見せしますので、期待しててくださいね。


ハーブもがんばっていましたよ。

100203pineapplemint_1
pineapple mint (Mentha suaveolens var. variegata) シソ科

100203pineapplemint_2

パイナップルミントは斑の部分がたまにうっすらピンクになります。そこがなんとも可愛いのです。
ふたりは仲良し♪


そしてそして!
これを見てください!!!

100203wildstrawberry
wild strawberry  (Fragaria vesca) バラ科

ワイルドストロベリーがひっそりと実をつけていたのです!
よっぽど今年は暖冬なのかな。
先にどなたかお召し上がりのようだったので、収穫はまた次回。


100203artichoke
artichoke  (Cynara scolymus) キク科

蕾はつけてくれたものの、食べるところがまったくなく、ほんとはカルドンなんじゃないの?と、ほぼ処分を決めていたアーティチョークなのですが、1株しかなかったはずが2株に増えている!
となるとなんだか嬉しくなって(増えたところで食べられないのは同じなのに)このまま様子を見ていようかしらと。
次に蕾をつけたときには、もっとじっくり観察して、カルドンなのか、成長不良のアーティチョークなのか確認しようと思います。
その後の処遇はそのときしだい・・・。


また天気の良い日に庭まわりしてきますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 01, 2010

SONGS再放送

NOKKOのSONGS、再放送ありますね。

BS2  1日17:30〜
総合 2日15:15〜

見逃した人は今度こそどうぞ。 お勤めの人はこの機会に録画予約を覚えると良いです(笑)。

では取り急ぎ。
まだぐぐってる人がいるといいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »