« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

Monday, April 19, 2010

庭仕事しました。

ひさしぶりに庭仕事。
菜園の雑草を抜いて土をほぐしました。
毎日生ごみ埋めているので、堆肥も石灰も入れずただ混ぜ返すのみ。卵殻やバナナの皮も入っているのでいいでしょう。
生ごみ処理以外何ヶ月も触らなかったわりに土が固まっていず、どこを掘ってもミミズがうじゃうじゃ出てきたのは生ごみ効果と思われます。植えてもいないじゃがいもがあちこちすくすく育っているのも生ごみ効果・・・来年こそ収穫しないと。
青ジソも生えていました。今日ひっくり返したぶんはだめだろうけど、これからいくらでも生えてきます。新しい青ジソレシピも開発したいと思っています。今年もたっぷりお世話になります。

今月毎日続いているヨガの効果を打ち消すような腰痛に明日は襲われる予定ですが、まあいいです。
またごみ出しの日に合わせて庭をお掃除していきます。いい汗かいたしほどよく疲れていい気持ち。
綿の種も届いたし。

で。

春が一気にやってきましたね。

Pinksuzuran100419

lily of the valley (Convallaria keiskei) ユリ科 スズラン属

何年か前にBAYさんからいただいたピンクのスズラン。
スズランは何度か鉢植えにしたことがあるのですが、咲かなかったり、いつのまにか消えてしまったり、隣近所ではグラウンドカバーになっているところもあるというのに、うちでは難しい(鉢植えだから?)印象があります。
このピンクスズランも何年も花を見ず、存在すら忘れかけていたものですが、今年気付いたら咲いていてくれていました。嬉しいことです。ガーデンデザインちゃんとやったらとかつべこべ言わずに、どこか空いてる場所にさっさと地植えしてしまおうかと思います。たぶんそのほうがいいですよね。

Rhapsodyinblue100419

Rhapsody in blue (S) バラ科 バラ属

この冬もバラを数鉢亡くしてしまいましたが(水やらないから)、ラプソディインブルーは案外強い。
何度も瀕死の状況に陥ったにもかかわらず、毎年春にはちゃんとリセットしてくれます。
なんだかんだいって、モダンローズは強いなあと思います。ちゃんと大きくしてあげなければ。

Kajiichigo100419

raspberry (Rubus trifidus) バラ科 キイチゴ属

カジイチゴ。
ラズベリーの仲間ですが、オレンジ色の実には酸味がなく水分たっぷりでラズベリーよりおいしいです。ただ、地下茎で嫌というほど増えてしまうのが難点。お行儀よければ味よし花よし葉もきれいな優等生なんですけどね。
何週間も前、「もう春?まだ冬?」って言ってた頃から咲き始め、もうずいぶん花弁を落としています。ベリーではこの子が一番乗りになることでしょう。子供に全部食べられてしまいそうですが。

Tulip100419_1_2

tulip (Tulipa) ユリ科 チューリップ属

けいが選んで植えたチューリップ。品種名はなかったかと。
八重咲きのシックなモーブ。丈がずいぶん低いのは遅くに植えてしまったからでしょう。掃き出し窓のまん前に単植したのは正解でした。
花が終わる頃には横のヤロウで見えなくなってしまう予定。

ところでこのチューリップ。

Tulip100419_2_2

こんな花も出ています。
いわゆるモザイク病というものです。
病気は病気なのですが、「変わった花が咲く」ということで、その昔は珍重され、品種改良にも大きく貢献した素晴らしい病気です。
まあ、病気なので来年は咲かないかもしれませんが。今のうちにしっかり見ておきます。綺麗ですよね。

Hagoromojasmin100419_2

winter jasmine/pink jasmine (Jasminum polyanthum) モクセイ科 ソケイ属

ハゴロモジャスミンも花芽がびっしり。
桜もバラもそうだけど、開花より花芽のときのほうがなんだか楽しかったりします。
今年もそこらじゅう香りで包んでくれそうです。楽しみ~~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 17, 2010

ヒノキもそろそろ終了

私はそんなでもなかったのですが、さやがだめだというので再度部屋干し生活してました。
今朝「そろそろどうなの?」と訊いたところ「もういいよ」と言うので外干し。
きれいに乾いて心の底まで爽やか!になりました。
部屋もじめじめしてません。
飛散量は少なかったものの、症状出る人にはつらかっただろうと思われます。でもそろそろヒノキも終了。
お疲れ様でございました。

で。
私なんですが。

数年前から「花粉症治った」という人をちょくちょく見かけるようになりました。
風邪やなんかじゃあるまいし治るわけないだろ、ほんとは花粉じゃなかったんじゃないの?とかなんとか思ってましたが、今年のこのマスクもいらないほどの楽さかげんを振り返ると、もしかして私も治ったんじゃないか!?と。
来年もしも量が増えて、それでもたいしたことがなければ 花粉症は勝手に治る 説が正しいことになります。
毎月の注射でも治らなかった花粉症が勝手に治る!
そうなったらいいなー。春にまた出歩けるなんて。
自分事ですが、期待しています。

ついでに食べ物も金属もその他いろんなあれやこれやも全部まとめて治ればいいのに。
お願いします(誰に?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 15, 2010

ジャガーとウーフ

「ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます」を観ました。

  

くだらん・・・(笑)。

でも板東英二が出てた!

いっぱい出てた!!

それだけで充分!!!

原作は読んでないけどおもしろいらしいですね。


で、ウーフ。

 

くまの子ウーフシリーズ『ぶつぶついうのだあれ』。
「どろんこかいじん」でちょっとうけ、「どろんこかいじん風」セリフ言いまわしで大うけ。
すっぽりツボにはまってしまったらしく、しばらく読ませてもらえませんでした。
絵本っていいなあ。
ジャガーのお口直しに(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 14, 2010

エコとコットン

昨日の続きで。

じゃあ、たとえばTシャツ1枚作るのにどれだけタネを蒔けば(買えば)いいのだ?と調べていたら、こんなページやこんなページが出てきました。

サウレエコリュクス
 コットンには水も土地も必要。さらに主な栽培地は発展途上国。もしその土地に作物を植えたら・・・

プレオーガニックコットンプログラム
 インドの綿生産の実情&オーガニック栽培移行のための援助プログラム。わかりやすいムービーあり。

エコスタイル in UK
 環境にも人権にも配慮したファッションを考えてみよう、それもとびきりおしゃれなのを…


綿花栽培には大量の水がいる。だけではなく、栽培地は発展途上国が多く(ワタは熱帯地方原産)主な輸出品として大量栽培されるため、現地の人は農薬と化学肥料をたくさん使った大量生産をしなければならず、それによって人にも土地にも健康被害が及ぼされ、汚染により痩せた土でも生産を続けるためにさらに大量の農薬と肥料が必要になり、借金に苦しむ農家も増えている。
綿花栽培の現状をざっくりまとめるとこういうことらしいです。
オーガニック栽培に移行することにより農薬と化学肥料の被害がなくなり負の連鎖を断ち切れる、そのサポートをするのがプレオーガニックコットンプログラムですが、私達消費者がオーガニックコットン商品を購入することでもオーガニック化の後押しをすることができるそうです。
お値段見ると「オーガニックじゃないのでいーんじゃない・・・」とついつい手を引っ込めてしまうのですが、ニーズが増えれば買いやすくなってくるのかもしれないですね。
給料減ってる今いきなりは無理ですが、頭に置いておこうと思います。
って、セールで買ってちゃおんなじなのかな(笑)?

ついでにほかの繊維はどうかと調べてみたところ、ウール、アルパカ、アンゴラ、カシミヤなどのいわゆる獣毛は殺さず毛を刈ることが多いようですが、「飼うこと自体が虐待」「飼い方がひどい」「毛の刈り方がひどい」といった意見もあり、でも全部がひどいわけではないようでもあり、私にはよくわかりませんでした。
シルクは蚕を殺してしまうので「毛皮と絹は絶対着ない」という声が結構ありました。
私はどうするかなー、ベジタリアンでもないし、これも頭に置いておいて、やめたくなったらやめるかな。とりあえず今持ってる服や毛糸は大事に使わせていただきます。

問題なさそうなのは麻やその他の植物繊維(竹とかケナフとか)。麻は農薬をたくさん使わなくても栽培できるらしいです。ヨーロッパではオーガニックリネンもあるようです。
ただ、アジアで採れるラミーなんかは需要が増えたら大量生産で綿の二の舞になったりしないか、ちらっと考えたりはします。
あとはフェアトレードのもの。上のラミーもうまくその流れに乗れればいいのかもしれません。

ここにもこんなページがありました。
グリーンジャーナルvol.7 オーガニックコットンを選んで地球を守る。
vol.9 ファッションも、エコに楽しむ時代です。

問題点だけではなく、解決策があるのが嬉しいです。
あれはだめこれもだめ、ばかり言われるとどうしていいかわからないし、でも裸でいるわけにいかないし、肉や魚もやっぱり食べるし、一匹の虫すら殺さない生き方なんてできないし。
わかる範囲で頭に入れつつ、自分の気持ちや周りと相談しながらほどよいバランスでエコを取り入れていきたいっていうか、いくしかないなと思います。

うん、綿植えよう。


ああ、いつのまにこんな時間。
お風呂入ってもう寝ますー。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Monday, April 12, 2010

ウォーターフットプリント&アバター

久しぶりの雨。
バラの葉もずいぶん展開してきたし、もうそろそろ水遣りやらなきゃめんどくさ~と思っていたところに恵みの雨です。はい、いまや水遣りすらあんまりしません(笑)。でも敢えてそういう庭にしたいって気持ちもあったりします。おひさまと雨で育つ庭。無農薬有機の次はウォーターフリー栽培です。

ウォーターフットプリント
詳細 http://hydro.iis.u-tokyo.ac.jp/Info/Press200802/
概略 http://www.nca.or.jp/shinbun/20080404/noukai080404_02.html

今年は綿の種を蒔いてウォーターフリーで実がついたら紡いで何か編んでみようと思っています。
もとは水のそんなにいらない植物のようなので、菜園に直接蒔けばなんとかなるかな?
栽培記 http://www.kansai.soka.ed.jp/syougak/life/wata1.html
まあ、気楽にやってみます。まずはタネ買わなくちゃ。

なぜ綿なのかというと、ちょっと前にテレビでウォーターフットプリントの特集を見たときに、同じTシャツでも化繊より綿のほうが水を数倍も使うと言っていて愕然としたからです。
その違いは主に糸になるまでの行程。綿は栽培に水をたくさん使うからです。
どんなものでもそうだけど、着るものは特に天然素材がいちばん!と思っていませんでしたか?着心地もそうだけど、天然素材のほうがエコだと。それがひっくり返ったウォーターフットプリント。だったら自分でウォーターフリーコットンウェアを作ってみるのはどうだろう?と思ったわけです。
たくさん収穫できれば着るものができるかもしれないけれど、ちょっぴりだったらシュシュくらいしかできないかもしれません。でもやってみる価値はあるかなと。
失敗してもリスクがないのが個人の趣味のいいところ(笑)。始めたら報告します。


ところで昨日「アバター」観ました。
ストーリーはまあセオリー通り。だんなが3Dを見たいと言うので連れて行かれたのだけれど、ディズニーとかのと同じようなものだったし、でもまあ良いお話(要は「先住民の森を守れ」ということ)でした。
3Dの効果よりCGがすごかったです。もはや実物とグラフィックの見分けなんてつかないくらいで、みな実在の生物のようでした。ナヴィ族の動きもまったくぎこちなさがなかったし、表情も見事。だけどモデルが欧米人なので表情も完全に欧米人だったのがおもしろかった。アニメのハイジやフランダースの犬を見た欧米人も「こんなの絶対ヨーロッパ人じゃない!いくらクララが金髪でも!」と思うのかも。

ただ3D、酔いやすい人は注意みたいで、さやは始まって30分くらいで退場しました。
けいは最後まで観てたけど、終わってしばらく「あたまいたい」と言っていたし、酔いやすい年頃の子供とか気をつけたほうがいいかもです。DVDは従来映像で出るだろうから、苦手な人はそれまで待つといいのでは。
メガネはお似合いだったけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 07, 2010

いちねんせいになりました。

昨日は入学式、今日は初登校。
さやのときはこの辺りでも小学校の学級崩壊が言われていて、「いったいどんな学校なんだ?」と不安でいっぱいだったのですが、6年間何の問題もなくむしろよく見ていただいて、おととしは本部役員もしたし知り合いも多少はいるしということで、リラックスして臨めました。
ちょっと疲れたのは、式より慣れないパールのせいでしょう(肩首弱いので重かった・・・)。
桜も見事に満開で、お天気にも恵まれて大変良い式でした。だんなも休んでもらえたし。

で、今日は初めての登校だったのですが、なんとか起こしてお迎え(1年間毎朝上級生が来てくれる。なんとありがたいシステムだ!)ちゃんと間に合いました。ああ、ほっとした。
学校までの道筋はいつものお散歩コースなのでぜんぜん大丈夫なのですが、家を出るのが2時間半も早くなったので、それがとっても心配だったのです。今日も6時半に起こしたにもかかわらず「いただきます」が6:50、しかも本人にはまるで緊張感がなく、のたのたにこにこ食べるよりおしゃべりするのに口を動かす有様で、明日からもちょっとぴしっとさせなきゃだめかなあと思っているところです。雨の日はさやを送って行かなきゃならないのに、ひとりで(だんなはいるけどたぶん自分のことしかしない)大丈夫なのかしら・・・。

帰りはでっかい声でさえずる子供がやってきた(窓全部閉めてるのにまるきこえ 笑)と思ったらやっぱりけい。
「おともだちできた?」と訊いたら「だってみんなともだちやもーん」と言ってたのでそのあたりは大丈夫でしょう。
ちなみに「先生に 'ちょっとだまってて' って言われなかった?」と訊いたら「いっかいしかいわれなかった!」と自慢げに、でも「ほかにも 'だまってて' って言われた子はいる?」と訊いたら「ううん、ぼくだけ」・・・まあ、しっかりやってください。

新しい環境ですっかりテンション上がっていたのか、帰ったとたん我儘バクハツ。お昼の後はたっぷりお昼寝、さっきも何事か寝言が聞こえてきました。
明日も元気にがんばってきてもらいましょう。どんな話を聞かせてくれるか楽しみです。

さやも明日から新学期だけど、春休み中どっぷり部活で通っていたので新鮮味はあんまりないかな・・・小学生の頃みたいにクラス替えがどうこうも言わないです。たぶん頭の中はいまだ片付いていない宿題でいっぱいなんでしょう。
って、だめぢゃん(笑)。

私は朝に2時間半も余裕ができたので、朝ヨガやろっかなと思っています。
あとはさやと一緒に英語でも・・・追いつかれないように(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 05, 2010

もうすぐいちねんせい

  ぱんつろん!!!

カタカナもほぼおぼえたけいですが、まだちょっとむずかしいとこあるようで(笑)。

明日はいよいよ入学式。あさってから早起きできるのかな~(結局一度も早起き練習できなかった)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »