« ウォーターフットプリント&アバター | Main | ジャガーとウーフ »

Wednesday, April 14, 2010

エコとコットン

昨日の続きで。

じゃあ、たとえばTシャツ1枚作るのにどれだけタネを蒔けば(買えば)いいのだ?と調べていたら、こんなページやこんなページが出てきました。

サウレエコリュクス
 コットンには水も土地も必要。さらに主な栽培地は発展途上国。もしその土地に作物を植えたら・・・

プレオーガニックコットンプログラム
 インドの綿生産の実情&オーガニック栽培移行のための援助プログラム。わかりやすいムービーあり。

エコスタイル in UK
 環境にも人権にも配慮したファッションを考えてみよう、それもとびきりおしゃれなのを…


綿花栽培には大量の水がいる。だけではなく、栽培地は発展途上国が多く(ワタは熱帯地方原産)主な輸出品として大量栽培されるため、現地の人は農薬と化学肥料をたくさん使った大量生産をしなければならず、それによって人にも土地にも健康被害が及ぼされ、汚染により痩せた土でも生産を続けるためにさらに大量の農薬と肥料が必要になり、借金に苦しむ農家も増えている。
綿花栽培の現状をざっくりまとめるとこういうことらしいです。
オーガニック栽培に移行することにより農薬と化学肥料の被害がなくなり負の連鎖を断ち切れる、そのサポートをするのがプレオーガニックコットンプログラムですが、私達消費者がオーガニックコットン商品を購入することでもオーガニック化の後押しをすることができるそうです。
お値段見ると「オーガニックじゃないのでいーんじゃない・・・」とついつい手を引っ込めてしまうのですが、ニーズが増えれば買いやすくなってくるのかもしれないですね。
給料減ってる今いきなりは無理ですが、頭に置いておこうと思います。
って、セールで買ってちゃおんなじなのかな(笑)?

ついでにほかの繊維はどうかと調べてみたところ、ウール、アルパカ、アンゴラ、カシミヤなどのいわゆる獣毛は殺さず毛を刈ることが多いようですが、「飼うこと自体が虐待」「飼い方がひどい」「毛の刈り方がひどい」といった意見もあり、でも全部がひどいわけではないようでもあり、私にはよくわかりませんでした。
シルクは蚕を殺してしまうので「毛皮と絹は絶対着ない」という声が結構ありました。
私はどうするかなー、ベジタリアンでもないし、これも頭に置いておいて、やめたくなったらやめるかな。とりあえず今持ってる服や毛糸は大事に使わせていただきます。

問題なさそうなのは麻やその他の植物繊維(竹とかケナフとか)。麻は農薬をたくさん使わなくても栽培できるらしいです。ヨーロッパではオーガニックリネンもあるようです。
ただ、アジアで採れるラミーなんかは需要が増えたら大量生産で綿の二の舞になったりしないか、ちらっと考えたりはします。
あとはフェアトレードのもの。上のラミーもうまくその流れに乗れればいいのかもしれません。

ここにもこんなページがありました。
グリーンジャーナルvol.7 オーガニックコットンを選んで地球を守る。
vol.9 ファッションも、エコに楽しむ時代です。

問題点だけではなく、解決策があるのが嬉しいです。
あれはだめこれもだめ、ばかり言われるとどうしていいかわからないし、でも裸でいるわけにいかないし、肉や魚もやっぱり食べるし、一匹の虫すら殺さない生き方なんてできないし。
わかる範囲で頭に入れつつ、自分の気持ちや周りと相談しながらほどよいバランスでエコを取り入れていきたいっていうか、いくしかないなと思います。

うん、綿植えよう。


ああ、いつのまにこんな時間。
お風呂入ってもう寝ますー。

|

« ウォーターフットプリント&アバター | Main | ジャガーとウーフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/48081295

Listed below are links to weblogs that reference エコとコットン:

» オーガニック についてーオーガニックをさらに超えた栽培方法… [オーガニック のお話]
オーガニックをさらに超えた栽培方法… [Read More]

Tracked on Thursday, April 15, 2010 at 13:00

» オーガニック についてーオーガニックにこだわってるコーヒー豆を発見… [オーガニック のお話]
オーガニックにこだわってるコーヒー豆を発見… [Read More]

Tracked on Thursday, April 15, 2010 at 14:18

« ウォーターフットプリント&アバター | Main | ジャガーとウーフ »