« ワタ第2弾 | Main | 珈琲を極める! »

Saturday, May 29, 2010

初アンダリヤ

先日からカウンターが音立ててまわっています。
さすがのカリスマ効果ですね!
せっかくなので編みねたやります(宴会芸?)。

コロッ!!!と忘れてたうさ耳をさっくりやっつけ仕事して一所懸命仕上げてくださったかうしかさん、私もうんとこしょどっこいしょとアンダリヤ帽子を仕上げました。

ずっと編んでみたかったヘレン・マネンスキー。

Hat100528_2

『ナチュラルなかぎ針編みかごバッグと帽子』表紙の作品です。

 

アンダリヤ169番。麦わら色と草色と地味色の混じった微妙な色です。
6号で編んだらぴったり55センチでできてしまい、私には小さかったのでトップのちょっと下で1段増やしたところ、キャップの部分が広く浅くなりました(次回要微調整)。
トップからブリム直前のくびれまでが約16センチ、くびれ外周が59センチ、ブリム11センチ。3玉編みきりです。
ほんとはこんなにでか頭じゃないんだけど、できちゃった&もうやり直す気力はないのでよしとします。フィット感はコードで締めたらなんとかなる程度です。
ちびなので全身バランス的には気になりますが、それは次回の課題ということで。
いずれにせよ可愛いです。今までかぶってた安帽子と比べれば大満足の出来上がりです。

ただ、私はもっと落ち着いた感じにかぶりたいと思っていたので、こんなブリムが水平なんじゃなくふんわり落ちるようにはできないものかとツボとハンコを求めたところ、ブログにはああ書かれていましたが、「スチーム当てれば落ち着くから最後まで編みきってだいじょぶ!(ざっくり要約)」とのお宝コメントしっかり返していただきまして(はい、ほんとにいい人です 笑)、そのように仕上げてみたら希望どおりのかたちにちゃんとなりました。

Hat100528_1

一応スチームは当てたのですが、スチーム仕上げも初めてということでまだビヨビヨしています。
使って当てなおしてしているうちに気にならなくなってくるかと。

Hat100528_3

前だけ上げてもかぶれます。これがやりたかったのよ~。
うちには藤子がいないので、モデルはランブルポットさん。

平面だとこんな感じ。

Hat100528_4

思ったよりおっきいです。サイズもあるけど編地に厚みがあるんですね。

Hat100528_5

これ以上小さくするのは難しいかな。けっこうかさばる。もともと荷物が多いほうじゃないんで、ひとまわり大きなバッグが必要みたいです。

サイズ以外に気になってるのは編み終わり。

Hat100528_8

一段ごとにとじるのが嫌なので(きれいにできない)ぐるぐる編みにしたところ、最後がぼっこりしてしまいました。テクノロートが入っているので(これもまだきれいに処理できないです。数こなさないと)よけい不恰好になった気がする。
最終段だけテクノロートなしにしたほうがよかったのかな。でもそれだとくるっとなったりしてしまうのかな。

テクノロートは、使う前に巻きました。
適当な筒がなかったので、ようやく探し当てた紙コップに巻いてみたところ、自立してコロコロしないしとても使いやすかったです。

巻き始めは穴を開けて先を通してくっと曲げ固定。

Hat100528_6

巻き終わりは切り込みに挟めばほどけません。

Hat100528_7

編んでる途中も絡まない程度に引き出しながら編めば、コイルみたいにくるくるまとめてついてきちゃったりすることもないです。
案外扱いやすいです、テクノロート。

まだ帽子部分しかできていなくて、これからコードをつけたりするのですが、もう糸がベルトループぶんしか残っていません。
追加でロット違いを買うか(去年買ったのでたぶんもう同ロットないでしょう)、手持ちのレザーコードつけるか、うさ耳つけるか。
サイズテープは自作のつもりですが、ダブルガーゼに接着芯貼るか、6重ガーゼを1枚使いするか(これがいちばん気持ち良さそう。サイズ余裕あるし)、ちょっとオサレにソレイアードなんかも合いそう。

昨日までは「こんな疲れるもん、とっとと終わって解放されたい!」ばかり考えていましたが、ちゃんとしたかたちになるとがぜん楽しくなってきました。
モチベーション上がってるうちに2弾、3弾、子供用やふんわり化バージョンも含めてつくりたいです。
って、もうアンダリヤは手元にないので、ラフィーか羽衣かアミアンか、洗える(重要!)マニラヘンプがセールになれば編んでみたい気もするし。
うん、楽しい。


要所要所でなんのことやらさっぱりわからんと思った人は、あちらブログ内でぐぐってみてください。
リンクだらけになりそうで手抜きしました(笑)。

|

« ワタ第2弾 | Main | 珈琲を極める! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/48484861

Listed below are links to weblogs that reference 初アンダリヤ:

« ワタ第2弾 | Main | 珈琲を極める! »