« ボランティアマフラー2本目と3本目 | Main | 鎌やってみた »

Saturday, September 11, 2010

アイリッシュリネンを棒針で

毛糸ピエロアイリッシュリネン極細を棒針編みしてみました。

Irishlinenlacystole100911

パターンはホビーラホビーレの『ニットといつも』よりレイシーストール。
極細だけど、9号針でざっくり編むので進む進む!

というのは大嘘。

極細リネンを大きな編み目で編むので、変なところに針を刺してしまったり、ちょっと気を抜くと糸が針から落ちてするするほどけてしまったり、神経使うったらないです。大変です。
パターンそのものはごく普通の透かし編みなのですが、この針と糸の組み合わせなので、難易度かなり高いです。
適度な太さのウールとかだとさくさくいけそうなのだけど、そうするとレイシーにならないのでやっぱり細糸でやらなくちゃなのです。
だってそのほうが可愛いじゃないですか!
見てください、このレイシーな編地!可愛い~♪いままで編んだすべてのなかでたぶんいちばん可愛いです。
もっと使い込んでケバだってきたら、ますます良い感じになると思うのheart04

ということで、がんばってます。
目を落とさないよう常に手元をガン見、透かし編みの次の段は「いーち、にーい、さーん」と確認しながら、一目一目、えっちらおっちら編んでます。
育っていく編地の可愛さだけをモチベーションに毎日コツコツ編むのです。


糸は毛糸ピエロ、アイリッシュリネン極細。
ピエロちゃん、月曜朝まで10倍ですか。

パターン掲載本はホビーラホビーレ『ニットといつも』(文化出版局)。

 
ニットといつも

ニットといつも

価格:1,470円(税込、送料別)

テーブルがたがただな。


編みネタばっかじゃあれなんで。

Julia100910

あれからすぐに室内に入れたジュリア。
冷房のおかげで長持ちしています。
もう一輪も開いてきたので、一緒に瓶に挿しました。

小さく咲いてしまった花を庭で見るのは可哀想ですが、少ない花弁でこじんまりとして、切花としては、かえってアンティークな風情があるように思います。

|

« ボランティアマフラー2本目と3本目 | Main | 鎌やってみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/49414114

Listed below are links to weblogs that reference アイリッシュリネンを棒針で:

« ボランティアマフラー2本目と3本目 | Main | 鎌やってみた »