« こっそりと | Main | 今年は厳冬らしいです »

Monday, October 25, 2010

リバーシブルマフラー

ボランティアマフラー4本目は『ニットであったか冬じたく』よりリバーシブルマフラー。

Reversiblemuffler101025_2

洗いたてでまだ乾いてないのでびよびよですが。

「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」(セーターのみ)

「日本ヴォーグ社手づくりタウン」ではマフラー、帽子、セーターを募集


これ、いちどやってみたかったのです。どんな仕組みだろうと思って。
表、裏、表、裏、・・・と2本の糸を交互に往復編みするのですが、表の糸は表同士でつながって表編みの編地になり、裏の糸は裏同士でつながって裏編みの編地になり(ということは裏から見たら表編み)、要は袋編みを平らに編むような感じです(わかるかな)。
両端は2本一緒に編むので「はしっこ!」ですが、それ以外は封筒みたいな平らな袋になります。表裏の2枚仕立て。
ただし模様を入れると境目の糸が前後で交差するので、その部分は開きません。
輪編みに比べて形が崩れにくいので、輪に編むと斜行するようなものにはいいかも(はしっこあってよければ)。
あと、渡り糸がないぶん、ふつうの編み込みより糸量が少なくてすむんじゃないかと思います。

とてもおもしろい編み方ですが、編んでるときはけっこう大変で、まず作り目がよくわからない(たぶん本の説明がわかりにくい)。
それから表糸が張りがち&裏糸がゆるみがちなので編みにくい。
いつものように左手で調節しようとするとますます編めないので、右手で表糸だけ、裏糸だけをつまんで調節するのがコツです(右利きフランス式の場合)。
編み始めたのが残暑の頃だったので糸がすべらず、しょっちゅうキィーッてなってましたが、湿度が下がって手も慣れてくるとさくさくいけました。
あと、伏せ目の説明がないんですよね。ふつうに伏せたら本の写真と違っていたので、ちゃんと説明ほしかったです。嶋田本にはあるのかしら。

使用糸は元廣のプレジデント・アランニッティング。例のかうしか福箱に入っていました(その節はありがとうございました)。たぶん年始にかご盛りされてたやつではないかと思います。
ご本人も書かれていたようにガサガサ系のウールですが、色がやさしく可愛いので、茶、黄、緑の3色入っていた中から(たぶんあちらとこちらの中間ぐらいの色味。色はすこぶる良いですよ)この2色で編みました。
テーマは栗蒸し羊羹ですが、ベトナムにはないだろな・・・。

じゃっかん糸が余ったので、緑と合わせてもう1本と思いましたが、今年はまだこれから編みたいものが順番待ちなので、ここで終了。また来年。
乾いたら名札を用意しなくちゃいけないんですよね。
もうひとがんばり、がんばります(編むのはべつに大変じゃないんだけどね・・・こういうこまごましたことは苦手)。

 
ニットであったか冬じたく

ニットであったか冬じたく

価格:1,470円(税込、送料別)

|

« こっそりと | Main | 今年は厳冬らしいです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/49841256

Listed below are links to weblogs that reference リバーシブルマフラー:

« こっそりと | Main | 今年は厳冬らしいです »