« 一枚追加 | Main | いつのまに »

Tuesday, October 11, 2011

じんましんとカスケット

日曜から原因不明のじんましんが発症し(たぶんバナナ?でもバナナジュースひとくち飲んだだけなんだけどなー)、昨日は一日おとなしくしていたついでに帽子をひとつ編みました。


111011michiyocasquette_1

michiyoさんの『着こなし上手のニットのふだん着』からQのカスケット。


111011michiyocasquette_2

前から。ちょっと歪んでますが。


他の人が編んでるのを見て、これならけいにも合うんではないかと思い、まずは本の通りに自分用に編んでみましたが、手がきついのかちょっと小さくなってしまい、私がかぶるとピチピチです。なのでたぶんさやにあげる。

画像のモデルはけいですが、思いのほかギャザーがフェミニンなので、けいにはギャザーの寄らないスタンダードなキャップを編むと思います。


111011michiyocasquette_3

指定糸はソノモノロービングなのですが、手持ち糸を引き揃えて編みました。
ピエロのベーシックアルパカ(もうないのですね!)、スタジオエフのチャリティー福箱に入っていた極細杢ウール(たぶん)、同じく福箱の極細杢モヘアの3本どり。


111011michiyocasquette_5

お友達からは「細めの糸(並太ぐらい)でゆるく編むと可愛いよ!」と教えてもらったのですが、ベーシックアルパカのマットなグレイには、ウールの白とモヘアの黒の両方入っているほうがニュアンスが出てよかったのでこれで。


111011michiyocasquette_4

編み地はこんな。
モヘアのもけもけがなんともいいです。ちくちくもまったくなくて柔らかくてあったかいです♪

気持ちゆるめに編んだつもりだったのですが、幅が2cmほど足りず、なのでできあがりサイズはたぶん46cmとかかと思うのですが、不思議なことにちゃんと頭は入りました。なんだろ、立体だと入るようになってるのかな?
ただ、私の好みはもっとがぽっとした感じなので、自分の編むときは指定サイズに目を増やすか、針の号数を上げるかして、さらに頭のてっぺん部分がもっとパフパフするよう増し目するかもしれません。

少し目も詰まってしまったけれど、この糸にはたぶん合ってるし、あったかいだろうと思います。
でももっと細い糸でくったりさせたり、細い夏糸で繊細に編んでもいいと思う。長方形を編んでくしゅっとまとめるつくりなので、サイズ調整はとてもしやすく、いくらでもアレンジがききそうです。





じんましん、あんまり関係なかったな。


|

« 一枚追加 | Main | いつのまに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73023/52965826

Listed below are links to weblogs that reference じんましんとカスケット:

« 一枚追加 | Main | いつのまに »