« August 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

Saturday, September 20, 2014

女優ショールできてます。


女優ショールこと、Reversible Cabled-Rib Shawl 、できてます。


140723reversiblecabledshawl_1


こちらは洋書のパターンですが、ravelry にページがあります。→
これはまだ編みかけですが、ブロッキング前はこんなふう。


140723reversiblecabledshawl_2


広げてみました。青い花瓶さんに巻いて。


140724reversiblecabledshawl


恵糸やさんのカシミヤ26/2を2本どりで編んだのですが、最後のほう、1本だけ先に終わってしまったので、残った方の糸をコーンからほどき、糸端を終わったほうに足して、ぎりぎりまで使い切りました。
そんなにたくさんは残っていなかったので余裕だと思いましたが、編んでいるうちにぐしゃぐしゃになってきて、あと数段がとてつもなく長かったです。でもすっきり満足です♪
こちらのページに画像があります。残り糸、わかるでしょうか?)

このカシミヤは、スタジオエフさんのピュアネスと同じ深喜さんの糸で、買いたいのに欲しい色がない!と困っていたところに、恵糸やさんに同じものがあるとわかり、購入したもの。欲しかったのはキャメルのようなブラウンだったのですが、エフさんには入っていなかったんですよね。恵糸やさんにはさまざまな色味のブラウンがあり、しかも常時84色揃っているので、嬉しくてブラウンばかり何色か買ってしまいました♡

エフさんではすでに完売。今年は次のカシミアが出るので、ピュアネスは終了かな?


6番手のツイード風カシミア。21日(日)午前10時から販売だそうです。編み地かわいいですね。


140813reversiblecabledshawl


ブロッキング。


140812reversiblecabledshawl_2


伸ばすとこんな編み地です。幾何学的。


140812reversiblecabledshawl_1_2


斜めから。流れているよう。


140812reversiblecabledshawl_3_2


縮絨は軽く。
というか、縮絨忘れてて普通にぬるま湯で手洗いしてしまいました。
途中で思い出してもみもみ、でもそんなに大判じゃないから縮まない程度に軽くでいいのよ、と自分で自分に言い訳しつつ、ほどよくやわすべに仕上がりました。つやもわかるかな。
毛羽立つほどではないけれど、ふわっと軽く、気持ちいいです。カシミヤ大好き♡


140812reversiblecabledshawl_4_2


縁はそのままでもよかったんだと思いますが、手が勝手にツンツンにしてしまいます。伸びるところは伸ばさなければとついついピンを打ってしまう。
でもこれはこれで。


夏までかかって編み上がりましたが、気がつけばショールの季節はもう目の前。羽織るのとっても楽しみです。
もう子供も大きいことだし、少しエレガントにイメチェンできるといいなあと思ってはいますが、さて、どうなるでしょう(笑)。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 17, 2014

French Cancan 編みました


最近編み物の話題ばかりですが、ravelry の人気パターン、French Cancan を編みました。


140916frenchcancan_3


というより、編んだときしか更新していないと言うのが正しいですか。
パターンはこちら→

さやにシンプルなショールを編もうと思い、大好きな縄編みの入ったパターンにしました。何にでも合わせやすいよう、白で。

使用糸はピエロさんの生成りかせ糸メリノ。お安いのにとぅるとぅる&むちむちのものすごく気持ちのいい糸なのですが、すでに廃番だそうで残念。もっと買っておけばよかったです。(今まで編まなかったのが悪い)

糸量はぎりぎりかな?と思われたので、まずは量って。


140910frenchcancan_


縁編みできる量を残してガーター部分から編み始めます。

途中で何度も量りなおしてはガーターを編み進め、オリジナルよりだいぶ少ない目数でストップ。
ちゃんと巻ける大きさになるのかしらと不安に思いつつ縁編みを編んで、ひとまずできあがり。


140915frenchcancan


うっ、へんなかたち・・・。

もう少し太い針で編んだ方がいいかなとも思ったのですが、編み地はこれぐらいむちむちのほうがかわいいし気持ちいいよね、ということで、敢えて変更しませんでした。
「ブロッキングでだいぶ伸びるよ」という先輩のお言葉に賭けてみます。


140916frenchcancan_4


おお!すごく良くなったんではないの!?
ちゃんと巻ける長さになりました!山の部分もだいぶ横に引っ張って目立たなくなりましたよ!


140916frenchcancan_1


ピン打ちアップ。ピン打ち大好き。気持ちいい。


140916frenchcancan_2


ブロッキングでだいぶ伸びたのはいいのですが、せっかくのぽこぽこした編み地がフラットになってしまいました。
でも1日経ったらこれくらい戻りましたよ。糸に弾力があるので、心配しなくて大丈夫だったようです。
うん、いい感じ♪

ちなみにこの French Cancan、手の遅い私でも4日で編めてしまった簡単パターンです(目数は少なかったですけどね)。
編みたいけど迷ってる人がおられたら、とっとと糸巻いて、迷ってる間に編んでしまえばいいですよ。bleah


次も白のアランを編みます。またさやのもの。けいも欲しいと言ってくれたら編みたいのですが、最近は「どっちでもいいよ」ばっかりなので張り合いがないです。男の子ってつまんない。




140917angela

お花はアンジェラ。
地植えにしたらぐんぐん伸びて、秋にも咲いてくれました。春がとっても楽しみです♪



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 03, 2014

Ribbed Lace Bolero 編みました


サッカーも高校野球も編みかけも終わってしまい、なんか太い糸でざくざくぱぱっとできるものを編みたい!という気持ちになったので、これを編みました。


140831ribbedlacebolero_2


Ravelryのフリーパターン、Ribbed Lace Bolero。 
糸は毛糸ピエロさんの今は無きコットンスマイルを2本どりで。さやに。

(完売したのにページはあるんですね。このラベンダー色はページにもありませんが。)


糸玉のときはきれいなツヤと色が気に入っていたのですが、実際に編んでみると撚りの強いタコ糸系で、それを2本どりにすると変にねじれたり1本だけ締まらなかったり、思ったよりすいすい編めない糸でした。
模様編みはたぶんごまかせるにしても、ゴム編みが汚くてどうなるのかなと。


140828ribbedlacebolero

(編みたて。たぶん裏側ですが。
洗ったらだいぶましになりましたが、この状態ではけっこう不安でいっぱいでした。笑)


オリジナルは、作り目→ゴム編み→模様編み→ゴム編み→ゴム編み同士をはいで終了、なのですが、どなたかのブログを参考に、別糸の作り目で模様編みから編み始め、ぐるっと拾って輪でゴム編みを編む方法に変更しました。とじはぎが嫌だったので。
けれど、最後のゴム編みのとじ方、Elizabeth Zimmerman’s sewn bind-0ff というのが伸縮性があって、全体的になんとなく広がる感じがしてしまうので、衿ぐりはいいとして、ウエストまわりはフィットさせたいと思うのであれば、レシピ通りにゴム編みから編む方がいいように思います。
ただ、ぐるっと編む方法だと、試着しながらゴム編みの長さを決めることができるんですよね。ゴム編みはもう少し長めにしたほうが可愛かったなと思います。(今回はレシピ通りに編みました。)


140831ribbedlacebolero_1


模様編みはやはり流れますね。でも他の方のブログにもそう書かれてあったので、そういうものだと思っています。自分だけなら気になったでしょうけれど(笑)。
ぱっと見、色もツヤもきれいですし、編むのは大変だったけれど、そこそこ気に入るものができました。まだノースリーブを着たい日もあるでしょうし、少しでも着てもらえるといいなと思います。


何よりモチベだだ下がりのなか、良い気分転換ができました。
今はリネンを編みつつ冬用パターンを探しつつウルグアイ戦を楽しみにしているところです。
新加入選手をおぼえないと!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2014 | Main | October 2014 »