段ボールコンポスト

Wednesday, November 21, 2007

青カビその後

14日に書いた青カビ、あの後ぬかを入れていつもよりしっかりかき混ぜてみたところ(水は入れなかった)、翌日には分解が始まったらしく、ダンボがほっこりしっとり。そして白カビがたくさん発生していました♪
その後も何度かぬかを入れてみましたが、同じような経過をたどり、今のところダンボの中は白カビパラダイスと化しています。青カビも消えたわけではないのですが、あれ以上増えることはなく落ち着いています。
とりあえずはよかったようです。

青カビは腐敗菌といいますが、みかんのように次々広がって全滅してしまうわけではなく(ほっとけばそうなるのかもしれないけど)、こちらのコントロール次第でどうにかなるようです。結局カビなんてどこにでもいるふつうの生き物なわけで、そのつもりでほどほどのバランスさえ保たれていればいいんじゃないかというのが結論。虫のときもそうでしたが、あまり神経質になる必要はなさそうです。

ただし、本当に腐敗が始まってしまったらどうなるかわかりません。
私がその目安にしたのはにおい。青カビについて書かれたサイトには必ずと言っていいほど「腐敗臭がしていたらアウト。漬物臭、あるいは土のにおいなら大丈夫」とあります。うちのダンボはもう3号なので、「いつものにおいだから大丈夫」という自信がありました。1号だったら判断できなかったかも。

というわけで、しばらくこのペースでやっていこうと思います。
現状はぬかを入れなければ20度くらい。まあ寒いのでこんなもんかと思います。

そろそろダンボ以外の話も書きたいなぁ。
また次回。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 14, 2007

青カビ・・・?

ダンボに青カビが見えた気がしてショック。
ぐぐってみたら、EM系は「青カビ厳禁すぐ処分しろ」、それ以外は厳禁というわけではなく、むしろ「青カビは大丈夫」というものもあって、どっちなのか決めかねます。

そもそも青カビというのは腐敗菌であって、水分過多による不完全発酵が原因だということらしい。だったら、しっかりかき混ぜて水分を飛ばしてみるとか、米ぬかで対抗してみるとか、とりあえずやれそうなことをやってみて、様子を見てから考えようかと思います。

けどやだなー  くさっちゃったら。

ま、とりあえずやってみます。
まだちゃんと確認したわけではないし、だめでも埋めちゃえばいいみたいなので、気楽にやってみます。


ところで、調べていて見つけたのですが、発酵マニアという人たちがいるようで。
世の中にはいろんなマニアがいるとは知っていたけど、こんなものにまで楽しみを見出す人がいるんですね~。
乳酸菌とか酵母菌ならまだわからなくもないけど、ミミズの糞でご飯を発酵させたりとかって、家族だったらちょっと嫌かも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 12, 2007

ブリのその後

7日に書いた段ボールコンポストのブリ投入後。

週末、2日くらいごみが出なかったので、混ぜもせず放置していたのを、さてどうなってるかとのぞいてみたところ、1号、2号では見なかったような、まるで小さなくもの巣のような立派な白かびができていました(^^)v。
混ぜ返すと、だしがら昆布のような水分の多いものにも点々と白かびがみられ、なんとなく温度も上がっていました。
ごみ全体も落ち葉を入れたときは空気ばかりでかさばっていたのが、しっとりとまとまってきています。

う~ん、いい感じ♪

ブリがよいきっかけになってくれたのか、落ち葉に良い菌がついていてくれたのか、真相はわかりませんが、いける自信がついてきました。
これから気温が下がりますが、しっかりと見守っていきます。

ところで堆肥になったダンボのほうですが、トウガンに続き、今度はトマトが大量発芽しています。
買ったそばからカビてしまうスーパーのミニトマト(もう買わない。生協で買う)をまとめて入れたときのものだと思われます。
トウガンもトマトもどうせ冬は越せないんだからと放っておくつもりでしたが、なんともうアネモネが発芽を始めてしまったので、やっぱり抜かなきゃいけないようです。邪魔になると困るので。

ちなみにアネモネ調べてみたところ、開花は春なのに発芽は植えてすぐなんだそうな(前に植えてたけど発芽の記憶が・・・)。
花も好きだけど、たっぷり切れ込んだ葉も可愛くて好きなので、思いがけず得した気分です(*^^*)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 07, 2007

できたできた♪

設置したもののエラーだったmy slideshowがちゃんと見られるようになりました。
わーい、ぱちぱち。
今のとこゴミとか写っちゃってるけど^^;、私にとっては愛しのダンボということだし、ランはすばらしくきれいだし、なにより自分で手をかけて作ったスライドショーじゃないってところが嬉しい。映してもらってるって気がして。

もうひとつ、左のずーっと下のほうのgremzは5日経つけど変化なし。
早く大きくなってもらおうと、いつもよりがんばって更新するようにしているのに、いつになったら本葉が出るのか。
花って咲いたらみんな違うのになるのかなー?それぞれのブログに応じたお楽しみだったらおもしろいのに。
期待してみよう。


ダンボといえば、先日ブリ(!)を入れました。
まだぜんぜん分解の始まっていないダンボに無茶な気もしましたが、生協の1袋500gくらいもあるのをまるまる捨てるのももったいないので、これを機に分解スイッチ入るかもしれないしとか勝手な望みも託しつつ入れてみました。

それが。
今朝、白カビ発生!やったー♪♪♪

だしがら昆布にも点々と生えていました。水分のあるものはやっぱりいいです。違います。
直接水やお湯を入れるという手もあるのですが、水分過剰になると底が抜けるのが怖いのでなるべくしないようにしています。そのぶん動物性のエサがあるときは無駄にしないで入れなくちゃです。
これからニオイがどうなるのか・・・もともと分解してなかっただけに気になります。500gだからなー。

あ、でも、今日は近所に山ほど落ちている落ち葉もたっぷりもらってきて入れたので、そのぶんマイルドになるかもしれません。ついでに土壌菌も葉にくっついて入り込んでくれていると嬉しいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, November 02, 2007

ダンボ3号ほか

2週間ほど前からダンボ3号が稼働中です。
今回は内容を変えて、炭以外は自給できるものだけで作ってみました。

071102dumbo3rd

基材を買わずに、ガレージに溜まっていた落ち葉を投入。さらに今まで避けていた根や花ガラのついた雑草や剪定枝なども入れることにしてみました。それとたまたま家にあった竹炭を軽く踏んだもの。炭はないほうが酸性好みの植物にも使えるかなと思ったのですが、菌の棲家になるのと、石灰入れるわけじゃないしというので、入れることに。大きなかけらも混ざっているけど、いずれ他のものと一緒に砕けてくれるんではないかと。

見てのとおり、まだ投入物の乾燥機のような状態ですが、もう3度目なのでのんびり構えています。
分解が始まったら温度計も入れてみます。米ぬかは週に一度くらいのペース。もしあまりにも進まないようなら庭の土や近所の堆肥化した落ち葉も入れてみるつもり。
さあ、どうなるか。成功したら完全リサイクルコンポストの誕生です。わくわくするなー♪

で、1号と2号のその後です。

3号開始と同じ頃、球根を埋める土に混ぜ込んでみました。2箱ぶんのコンポストでしたが、あっという間に無くなってしまい、案外足りないもんだなあというのが最初の感想。
まだ発芽しないし、球根なので、効果のほどはわかりませんが(キッチンガーデンとかのほうがわかりやすそう)、今日の段階ではこんな感じ。

071102urisprout1 071102urisprout2

なんだこれーーー

またまたウリ科発芽です。
去年のトウガンの場所から今年もまたトウガンが出てきているのに(花盛り♪)、こっちまでウリですか。
光を遮られ、発酵熱にさらされ、ひっかきまわされ、何ヶ月も箱の中にほうって置かれ、なのになんと元気な双葉か。タネのままこの時を待ちながら眠っていたのかな。夏ならよかったんですけどね。まあ、冬には立派な堆肥の一部になってくれることでしょう。

ところでココログにブログパーツをつけてみました。
スライドショーと植木(左の下のほう)です。植木はまめに更新すると育って実際に植えてもらえるんだそう。
がんばらなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, September 06, 2007

ダンボ2号と虫のまとめ

さんざん虫に悩まされたダンボこと段ボールコンポスト2号機も、お盆休みの留守に合わせて熟成期間に入りました。
一応毎日かき混ぜるということですが、そんなにまめにやらなくてもそう変わらないような気がして、ついついさぼりがちになっています。
完成後、場所があいたら3号機をまた始めるつもり。堆肥なんてそんなにたくさんいらないけど、ごみが減るのでかなり重宝するのです。

で、虫の最終レポートを。

最初に沸いたうじ虫は、アメリカミズアブという虫の幼虫でした(画像はないので各自でぐぐってくださいね)。
成虫は一見黒い中型のハチのよう。傍にいると刺されそうで怖いのですが、害はなく、ただ生ごみや堆肥が大好きな、知っている人には不潔なイメージのある虫です(私は知らなかったので抵抗なかった)。
幼虫は大きな気持ちの悪いイモムシで、これが嫌で嫌でなんとか撲滅しようとがんばったのですが、高温も乾燥も兵糧も、結局どれもたいして効果はありませんでした。
でも、調べてみると、これはこれで生ごみを効率よく分解してくれる益虫でもあるようで(要は考え方次第)、見た目に慣れればもういいや、の境地に達して、後半はほったらかしにしていました。

次に来たのが蛾。
種類はこれと決まったわけではなくて、そこらへんを飛んでいる蛾が入っては増えて飛んで行き、また入っては増えて飛んで行きます。
まあ、蛾なんで、邪魔ではあるけど、あまり気にしていませんでした。たぶん無害。

最後に来たのが、意外なことに蟻でした。
きっかけは何だったんだろう?さっぱりわかりませんが、普通の働き蟻が列を作ってどこぞからダンボへと毎日まめに往復していました。
甘いものは入れていないし、もしかしたらアメリカミズアブの死骸(成虫は半分くらい死んでいたようなので。虫かごの蝶も半分くらい死ぬでしょう?)を何かのはずみで見つけてしまったんだろうか、と、勝手に推測しています。
ピーク時にはダンボの中に巣ができていましたが、熟成に入ってごみを捨てなくなったら消えました。
まあ、蟻の場合は道がなくなればもう来ないので、どうしても嫌ならしばらく場所を移動して、道の部分をきれいに掃除してしまえば問題ないと思われます。私は何もしていないので、ダンボを動かすのがちょっと怖いのですが。


以上、わかったことをまとめると。

・刺すような虫でなければ気にかける必要なし。
・ごみを食べる虫は分解のヘルパーと思えばよし。
・だけど気分的にはきれいにこしたことはないので、厚めのカバーをきちんとかけたほうがいいかな?(薄いと虫食いになる)

ということです。


暑さがやわらいだら、コンポストをいよいよ使ってみたいと思います。
菜園には何植えようかな♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, July 09, 2007

勝った! (たぶん)

ダンボ、今日開けてみたところ、ちっちゃな虫がもぞもぞしてはいたけれど、例のウジはほぼ消えてしまったようでした。先日までの「スコップで返すとウヨウヨ、また返すと別の場所でもウヨウヨ・・・」といった動きが見えません。いくつか目についたウジはどれも黒くなっていて、抜け殻なのか死骸なのかわからないけど、成虫が飛び立ったわけでもなく、たぶん勝ったんじゃないでしょうか。だとしたら

やった!!!

です。

ただしダンボそのものにもまるで生気が感じられなくなってしまったので、またゼロから育て上げなくてはなりません。
次はもっと暑くなるけど、ふきんカバーとダンボシャツである程度大きいものは防げるだろうと思っています。

ひとまず一件落着。明日からまたごみをダンボにあげられます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, July 04, 2007

ダンボ 嵐の前なのか・・・?

今日のダンボは静かでした。
混ぜ返してもうようようごめくものはほとんど見えず。
だけど気は抜けません。
蛹になってる可能性がないわけじゃない。

もうしばらく様子見です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 01, 2007

最終校正

週末に宅急便で最終校正原稿が届きました。

ようやく・・・。

本来担当箇所だけでいいと編集さんが言うのを、いや全部チェックしたいから全部くれ、と主張して全文送ってもらったら、まだまだミスだらけ。どないなってんねんな。もらっておいてよかったです。みっちり校正入れてやる。

あちらの予定では、順調にいけば7月末から8月には出版できるだろうとのこと。
私にはそうあっさりいくとは思えませんが(だって前回の校正からどんだけ経ってんだ)、具体的な日付が決まり次第報告しますので、半分忘れつつ楽しみにしていてください(笑)。


ところでダンボです。

あれからもう一度残り油と米ぬかを投入し、温度を下げない&表面に出てこられないよう、3日ばかりほったらかしにしています。これをアップしたら見に行くのですが、かなりこわいです。いきなり成虫がブーンとか飛び出してきたりして・・・。
いや、うまく堆肥になってくれてるといいんですが。

これでだめだったら、しばらく餌をおあずけにして、今度は乾燥攻めでいくつもり。
いろいろと試行錯誤していますが、これほど楽しくないトライ&エラーもないです。

とりあえずカバーは作って着せました。あと、キッチンで産卵されないよう、餌ボウルにもふきんをかけるようにしています。
今後二度とこんな目に遭わないようにしたいです。
ほんとイヤだ。
イヤだ。イヤだ。
イヤイヤイヤ~

見てきました。

生きてるよ・・・暑くないのか・・・

作戦変更。ミイラにしてやる!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 26, 2007

私も闘った

ダンボ、狙いどおり50度超えてました。

なのに、なんで生きてる、おまえらは!?

50度くらいじゃ死なないのかとげんなりしつつ、仕方ないのでビニール袋に取れるだけ取って入れて、ごみに出しました。火曜でよかった。でも明日からどうしよう。アスファルトにぶちまけておいたら鳥が始末してくれるかしら。

と考えていたら、あるHPに「ウジそのものは生ごみを分解してくれるし、死骸はよい肥料になる」とありました。ちゃんと死骸にすることが必要ですが、前向きに考えてみようかなと思っています。

さて、どんな手を使おうか。まずはカバーだ・・・ミシンか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)